MENU TEL TEL TEL

カテゴリ一覧

【はぴねす安茂里】蒸しパン作り

2021.06.08 | Category:

いつも活動記録をご覧いただきありがとうございます。

 

はぴねす安茂里 です。

 
6月5日の活動の様子です。

 
調理の楽しみを知ることを狙いとして 三種類の味の蒸しパン を作りを行いました。

 

みんな一生懸命に泡立て器を使って牛乳やココアパウダーが入ったものを楽しそうに混ぜていましたよ。

 

 

 

【はぴねす安茂里】ハイウェイオアシス

2021.06.03 | Category:

いつも活動記録をご覧頂きありがとうございます。

 

はぴねす安茂里です。

 

先日の休日の活動では、ハイウェイオアシスに行ってきました。

 

気候にも恵まれ、子どもたちは広い芝生で、ボール遊びや虫捕り、追いかけっこなど、思い思いに遊んでいましたよ。

 

最後はみんなが楽しみにしていたソフトクリームorかき氷を食べました。

 

 

 

【はぴねす安茂里】ボーリング

2021.05.11 | Category:

いつもご利用いただきありがとうございます。
 

先日は運動で「ボーリング」を実施しました!
ルールを守るということを目的として行いましたが、最後までみんな守ることが出来ました!

今回ボーリングを行う上で決めたルールは、
(1)線を出ない
(2)ボールは1人2回投げる
(3)倒せたペットボトルは黄色のテープの上に立て直す
ということです。

ボーリングが始まる時には、2列にしっかり並び順番を待つことも出来ました!
そして始まると、しっかりとペットボトルを狙いボールを転がすことが出来ました。
ピンを倒すために、工夫し速いスピードで転がしたり、角度を見て斜めから転がしているお子様もいました。

 

 

最後に、自分で倒したペットボトルは黄色のテープの上に立て直すこともスムーズに行えました!
次の人のことを考え、しっかり丁寧に並べていました。

 

ペットボトルを全部倒すことが出来たら、ジャンプして喜んでる姿や「すごい!上手だね!」などお互いに褒め合う姿を見ることができました!

今後も引き続き子どもたちが楽しんで活動できるメニューを考えていきます!

野菜の苗を植えよう!

2021.05.11 | Category:

いつもご覧頂きありがとうございます。
はぴねす安茂里の戸井田です。

先日の休日の活動では野菜の苗植えをしました。
冬も明け、暖かい季節が近づいてきました。

そこで、簡単に育てられるトマト(三種類)、ラディッシュ、芽キャベツ、白菜をみんなで植えました。

どれも簡単に植えられる野菜なので、子どもたちが楽しんで作業する様子が見られました。

これを機に、お家でもいろいろな野菜作りに挑戦して欲しいですね。

【はぴねす安茂里】お花見団子作り

2021.04.21 | Category:

いつも活動記録をご覧いただきありがとうございます。
はぴねす安茂里 戸井田です。

 
4月18日(日)の活動の様子です。

 

春真っ盛りという事で、今回は春らしいお花見団子を作りました。

 

白玉粉と豆腐を買いに行き、みんなで分担しながら生地を作って、丸めたり。
今回は、食紅を使って団子に色を付けたりもしました。
お店で売っている様なお団子を目指してみんなで協力して作りました。

 

この日は人数も少なかったことから、全員が満足するくらい団子が食べれました。

おかわりをしている子もいましたよ。

 

とても簡単なので、ぜひおうちでも挑戦してみてほしいなと思います。

またこういった季節の料理等も取り入れた活動をしていきたいと考えております。

 

【はぴねす安茂里】遊びながら育てよう!“数”のイメージ☆

2021.04.16 | Category:

こんにちは!
今日はぽかぽか陽気の貴重な晴れ間ですね☀

お母さんたちはお洗濯日和ですね♪

 

最近子どもたちと一緒に数に触れた活動を取り入れています。

今回は数についてご紹介したいと思います。

 

Q. 将来、算数が得意になる近道はAとBどちらでしょうか??

 

→A・・・4までのものを数えるよう誘う
→B・・・30まで順番に言えるよう数える

 

正解はAです。

 

数を理解する力のベースになるのは、実物を数える体験です。
3.4歳児は、まだ数がよくわかっていないのです。

 

〈わかっているのはここまで!〉

 

・・数が唱えられても「全部でいくつ?」はまだ難しい
→『数える』とは『1から10まで数字を唱えること』だと思っている子が多い時期です。
また、ひとつすつ数えられる子も、「数えた最後の数が全体の個数を表す」ことはわかっていない場合がよくあります。

 

・・【多い・少ない】を見た目で判断しがちな時期
→「並べ方をかえても個数は変わらない」という理解がまだあやふやで「間隔を広げて並べた方が多い」のように判断しがち。見た目には騙されず、本当に多いかを確かめようとする姿勢を育てたいですね^^

 

五感をフルに使って数に触れる体験をしていきましょう^^

 

食べて数える☆・・グリーンピースが5個入っていた!ママのは6個!など☆

ふれて数える☆・・クッキーをひとりに2つずつ配ってね。など☆

 

【はぴねす安茂里】ハッピーイースター

2021.04.14 | Category:

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
はぴねす安茂里の竹内です。

 

先日の休日の活動ではハッピーイースターをしました。
イースターとはイエス・キリストの復活を祝うお祭りのことです。

 

今回はぴねす安茂里では卵に色や絵をつけたイースターエッグの製作をし、その卵を使って卵サンドウィッチを作りました。
イースターエッグの製作でははぴねすのキャラクター「はっぴっつちゃん」を書いている子自分の考えた柄にしている子もいました(^^♪
その子それぞれの個性豊かなイースターエッグができました!!

 

その後はそのイースターエッグをゆでて卵サンドウィッチを作りました。
作ったイースターエッグを壊すのは少しもったいない気もしますが、みんなで美味しく食べることができましたよ!

 

これからもはぴねすではこういった季節の活動をたくさん取り入れていきたいと考えております。

 

【はぴねす安茂里】クッキーづくり

2021.04.13 | Category:

いつもご利用ありがとうございます。

 

先週末はみんなでクッキーづくりをしました!
最近は感染症対策のためトッピングのみ等の調理イベントが多かったため、自分でこねたり形成作業を久しぶりに実施し、子どもたちはとても喜んでくれました。

 

今回の目的としては、
(1)調理中に立ち歩かない
(2)自分で完成させる
(3)みんなが完成してから一緒にたべる
ということを上げました。

 

生地を固める部分までは職員がビニール手袋、マスク、フェイスガードで感染症対策をとりながら作成し、一人分ずつ小さく丸めたものを分けて配りました。
子どもたちはその小さく丸まった生地を伸ばすところから始めます。
生地を配る際にも再度、手洗い・消毒、ビニール手袋、マスク、アクリル板(パーテーション)を使用して必ず感染症対策をとることを子どもたちにも約束をしました

 

1年ほど言い続けていることなので子どもたちも慣れてきて、ビニール手袋を嫌がっていた子もスムーズに着用できるようになりました。

 

【はぴねす安茂里】公園にいこう!

2021.04.07 | Category:

いつもご利用ありがとうございます!

 

4月に入り緊急事態宣言が解除されたためはぴねすでもやっと外出イベントをすることができました!
本当はお花見も兼ねたピクニックを予定していましたが、緊急事態宣言が解除されたとはいえ感染症の心配がまだ残っているためピクニックは中止となってしまいましたが、お昼ははぴねす内で済ませてから近くの公園に遊びにいきました。

 

久しぶりの外出の事もあり、お子様たちは行く前からとても楽しみにしていました。
行く前にお約束と目的を確認しました。

 

(1)列になって歩く
(2)前の人を抜かさない
(3)公園では他の人と譲り合いながら遊ぶ
今回はこの3つを主に決めてから行きました。

 

公園内では遊具もありましたが、子どもたちは広い場所で思いっきり走り回り鬼ごっこをして過ごしていることが多かったです。
他にもボールを使ったりして遊び、30分という短い時間でしたが、汗をかくほど元気に体を動かすことができました。

 

まだまだ感染者数は減らず、限られた活動は続くと思われますが、限られた中でも発散しつつ楽しく過ごせるよう工夫していきます。
また公園にも行けるよう、天気や感染状況をみて判断していきます。

【はぴねす安茂里】☆学習療育☆

2021.04.06 | Category:

はぴねすにはいくつかの発脳療育プログラムがあります。
その中の1つとして学習療育が挙げられます。
学習療育などを行い、脳神経回路が新しく作られ、心臓から血液が送り出されることで脳はベストな状態になります。
脳がベストな状態になると散漫していた意識が集中し、学習効果が通常より3倍も大きい効果をもたらすと言われています。

 

具体例を挙げると学習課題や脳機能バランサーです。
はぴねすでは、子どもたちが学習課題に取り組めるように環境設定や声掛けなどを行っています!
自由あそびの時間には自ら率先して学習課題に取り組む、子どもたちが多数います。
また、子どもたち1人ひとりの認知機能の発達を検査、訓練することができるパソコンソフトがあり、ゲーム感覚で楽しく子どもたちの発達を検査し、知的な能力を高める働きかけをしています。

 

発脳療育プログラムをもとに子どもたち1人ひとりの出来ることを増やしたり、自己肯定感を高めるなどして、子どもたちの成長を見守っていきたいと思います☆