MENU TEL TEL

カテゴリ一覧

  • カテゴリーなし

【はぴねす東和田】おやき作り体験

2018.12.10 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の西澤です。

はぴねす東和田では12/8(日)にみんなでおやき作り体験をしに、パティオ大門まで行ってきました!
人ごみの中を歩く事も良い経験になるだどうということで、城山の駐車場から善光寺の中をみんなで歩いてパティオ大門まで行きました。
お友達と並んで歩くとどうしても注意が散漫になってしまう様子も見られましたが、スタッフの話を聞いて上手に歩こうと努力してくれる姿も沢山見られました。

おやき作り体験では、みんな作り方を教えてくれるお店の方のお話しを聞いて、『あんこ』と『野沢菜』のおやきを1つずつ真剣に作ってくれていました。
具材を沢山入れてパンパンのおやきや、ボールのような形のおやき等個性豊かな形のおやきができていました。
作ったおやきは囲炉裏で焼いてもらったのですが、現代っ子のお子様達は囲炉裏というものはどんなものか知らなかったようで、「どうやって焼いたの?」の質問に対して「焼いている所は見ていない。」と囲炉裏の横で焼き上がりを待っていたのに言われてしまいました。

「おやきは苦手。」「野沢菜嫌い。」と言う声が上がっていましたが、自分の作ったものは別格だった様で参加されたお子様全員がどちらの味も食べることができていました。
食育に繋がるので自分達で食べ物を作る体験はどんどん行いたいですね!

【はぴねす東和田】名前探しゲーム

2018.12.08 | Category:

いつもありがとうござます。

はぴねす東和田の西澤です。

 

はぴねす東和田の本日(12/8)の外出は善光寺でおやき作りです!
一般のお店に入ります他のお客さんもいる中での活動なのでマナーに気を使いながら楽しんで来ようと思います。
様子はまた後日お伝えします。

 

今日は先日紹介した名前探しゲームの名前を探す部分の活動をご紹介します。

沢山書かれたひらがなの50音の中から、最初は自分の名前の文字を一文字ずつ探すということが課題です。
狙いとしては『ビジョントレーニング』視覚を鍛えるということがあげられています。

 

集中して探してくれるお子様がほとんどなので、間違えずに持っては来てくれるのですが、探すのに時間がかかる、カードの枚数が多いとヒントが必要等苦労してい子も多々。。。

 

何故スムーズに行かないかという例を少し挙げていきます。

(1)頭の文字からでないと探せない
例えば『こなん』という名前えを探すとして、私たちなら『こ』が見つからなかったり先に別の文字を見つけたら『な』から探す事ができます。しかしそれがまだ難しいお子様もいます。考えられる理由としてはまだ文字の認識が十分でなく一文字ずつの処理が必要だったり、ルールとして順番に取らなくてもいいと言う事が理解できていないという事が考えられます。また、連続指示が苦手で2つや3つまでしか一度に指示の処理ができないと全ての文字を一度に探すことは難しくなります。

 

(2)カードの文字が一つずつではなく全部一気に情報として入って来る
一枚ずつの独立したカードとして認識するにではなく探している文字以外も全て情報になってしまい、映像の取捨を行う事は視覚が強いお子さんには逆に大変になってしまいます。

 

他にも原因は沢山あると思いますが、活動を通して一人ひとりの特性を見極めて、日々の支援や生活のフォローをして行きたいと思います。

 

【はぴねす東和田】今週の運動

2018.12.07 | Category:

いつもありがとうございます

はぴねす東和田の西澤です。

 

今週は寒暖差が大きく、急に寒くなった日に風邪をひかないように気をつけなくてはと心配しています。

 

今週のはぴねすでは運動の時間に[名前探しゲーム〕を行っています。
具体的にはスタートラインから脚をそろえて両足跳びでフラフープの中をジャンプで移動して行きます。
ジャンプが終わったら、広げてある『ひらがな』のカードから自分の名前を探します。
名前が見つかったらスタートラインに向かって再び両足跳びで戻りスタートラインに戻ったら、ゴールです。

ゴールしたら持ってきたカードの答え合わせを行います。

みんな間違えないようにしっかりと確認を行いながらカードを持って来てくれました。

 

ピッタリと膝をつけての両足跳びは、真っすぐな体幹が備わりにくいお子様には見た目や私たちが感じているよりも難しいもので、運動が苦手な訳ではないのに縄跳びが上手く跳べないなんてお子様もいるのではないでしょうか?

体幹を鍛えることで自然と運動能力は上がると言われているので日々の活動に取り入れて楽しみながら力をつけてもらいたいなと思います。

【はぴねす東和田】自己紹介

2018.12.06 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の西澤です。

 

12月から働かせていただいております。
以前は都内の放課後等デイサービスで4年半程働いておりました。

はぴねすに通われているお子様達よりも重度なお子様の多い事業所で音楽療法や工作の活動を担当して、活動を通して楽しみながら集中力を上げることや、手先を器用に使えるようにする為に不十分な箇所を見つけ個人の課題を克服するということをしてきました。
また、休日の活動は公共交通機関に乗り一般の方々と一緒に利用するためのマナーを学んだり、収穫体験や遊園地や動物園へ遊びに行ったり、温水プールに行く等の外出活動にも力を入れていました。

 

文章にすると堅苦しく感じますが、苦手なことを克服するためにお子様たちにやってもらう事はトンネル潜りだったり粘土遊びだったりと楽しんでもらえる活動を行いスタッフはできたらひたすら褒めてモチベーションを上げていました
外出ではお子様達に混ざり、その日の活動を私も楽しんでいました。

 

はぴねすの活動に参加して私が感じたことは、『みんな優秀だなぁ』でした。

前の事業所では、発語が無いお子様やオムツがなかなか外れないというお子様も多かったので自分で意思表示をして活動をしている姿は私にとっては新鮮な光景でした。

その中でも一人ひとりを観察させていただくと、ここはまだまだ伸びるな!ここはもう少し頑張ってもらいたいな!という課題が見えてもきました。
放課後等デイサービスの時間は限られた短い時間ですが、一人ひとりが充実した時間を過ごせるように努めたいと思います。
 

【はぴねす東和田】クリスマスお楽しみ工作会 お知らせ

2018.12.04 | Category:

いつもありがとうございます

はぴねす東和田の新井です。

 

12月になったというのに今日はとても暖かく、自転車通勤の私でも手袋がいらないくらいでした。

とは言っても、またすぐに寒くなりますよね(;'∀')

今日はある事のお知らせをさせて頂ければと思います。それは、【クリスマスお楽しみ工作会】です!!!

定期的に開催させてもらっている講演会の講師である山内先生が、この度工作会を企画してくれました。

もちろんただのお楽しみ会ではなく、目的としては、他のお友達との関わりや細かな手作業を通じて、

脳神経回路への刺激を与えるとともに、創作活動による達成感を感じられる工作会というのが、今回の目的となっています。

 

○日付 12/16(日)

○時間 (1)9:00~10:00  (2)11:00~12:00  (3)14:00~15:00

○対象 (1)(2)年中~小学校低学年  (3)年中~中学生 

○定員 各回10組

○場所 はぴねす安茂里(長野市安茂里上河原3602-1 アプリコットヒルズ1F2-1号室)

○参加費 無料

またこの日は工作会参加の方優先で、山内先生との個別相談会も実施しております。

お子様と一緒にクリスマスに向けた楽しい工作会はいかがでしょうか、

ご参加ご希望の方は、はぴねす安茂里(026-266-0447)にお気軽にお電話いただければと思います。

【はぴねす東和田】12月1日(土)の活動・今週末の課外活動

2018.12.03 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の浅妻です。

あっという間に12月ですね。師走とも言いますよね。
師走の語源には諸説があり、正確にはわかっていませんが、一つには

“師(僧)が走る” 説があります。

僧とはお寺のお坊さんのことです。日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習がありました。

そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、東西を行ったり来たりと大忙しになります。

その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説です。

もう一つは
12月は一年が終わる月ということから、四季が終わる・年が終わるという意味で、年果つ(としかつ)が変化し、としかつ→としはす→しはす→しわす、となったと言われる説です。

他にも言われている説があるみたいです。
年末に向けて何かと忙しくなる12月ですが、ふっと呼吸を整えて落ち着く時間も大切ですよね。
寒さも本格的になってきましたし、体調を崩されないようにお気を付け下さいね。

さて、12月最初の土曜日の活動ですが、12月1日は “映画の日” ということで、はぴねすを映画館のようにして[映画鑑賞]の活動をしました。

はぴねすに来るなり
「わー、椅子が並んでる」「暗くして観るの?」「どこに座って観るの?」「映画館みたい!」
と嬉しい反応を見せてくれた子どもたちでした。

ただ観るだけの活動ではなく、はじまりの会の後に、おうちの方が持たせてくださったお金でスタッフ手作りのチケットを買う活動からスタートしました。
「チケットください」と言ってチケットを受け取ることができた子がいて、その姿を見て次の子も同じように言ってから受け取っていました。良いなと思った姿を見本にできるというのも良い姿ですよね!
チケットを受け取ったら、チケットに書かれている番号の椅子に座って観るようにしました。
「1番の席はどこだ~?」「ここで観るのか♪」「隣の席だったね!」などと席を探す姿が微笑ましかったです。

午前には[怪盗グルーの月泥棒]を鑑賞しました。
始まるよの掛け声と同時に電気を消してプロジェクターで映し出された映像を見て「おー!」と嬉しそうな声が聞かれました。

映画に出てくるキャラクターの1つのミニオンのおっちょこちょいな様子などを見て面白くて笑うなど、良く見入っていました。
昼食でお弁当箱などがたまたまミニオンだった子が、嬉しそうに「見て!さっきのと一緒にミニオンだよ」と友達に見せる様子もありましたよ。

午後にはまた同じようにチケットを買う活動から始めて[ドラえもん・のび太の南極カチコチ大冒険]を鑑賞しました。
テレビ放送でも流れているオープニング曲が流れると曲に合わせて体を揺らしたり口ずさんだりする姿がありましたよ。氷の世界の映像に「寒そうだよね」「凍っちゃいそう」「かき氷良いな」などと言って観ていました。
途中、偽物のドラえもんが現れた場面ではドキドキとした様子で真剣に観ていました。

かえりの会の時間に自分の気持ちや思ったことを伝えることを大切にしたく、鑑賞した感想を1人ずつ発表しました。
自分の面白いと思った場面や楽しく感じたことを発表できていました。

1本約1時間30分の映画を2つも椅子に座って観ていられて感心でした。
活動内容を考え工夫して、また映画鑑賞の活動をやってみたいなと思っています。そしていつかはみんなで本当の映画館へ行って鑑賞ができたら良いなと思っています。

今週末、8日(土)の活動ですが、長野の郷土食である“おやき”を作る体験をしたいと思います。
課外活動として、善光寺のところにあるぱてぃお大門内の[おやき村 大門店]まで行っておやき作りを教わります。

このお店は、蔵の中に囲炉裏を構えており炭火で焼くアツアツのおやきや、そば茶・お漬物などを食べることができます。。
農家の方の味自慢な美味しいものが並ぶおみやげのコーナーなどもあるんですよ。

おやき作り体験では、おやきを作って、囲炉裏端で焼いて、その場で食べることもできます。
おやきの中身は季節によって変わるそうです。今の季節なら何ですかね?野沢菜かな?
[おやき村 大門店]はご家族で行ってみても楽しいかもしれませんね♪

子どもたちが住んでいる長野県ならではの活動を楽しんで、はぴねすでの思い出がまた一つ増えてくれたら良いなと思います。

【はぴねす東和田】運動療育(サーキット遊び)

2018.12.01 | Category:

いつもありがとうござます。

はぴねす東和田の浅妻です。

一週間、忍者の修行という内容で取り組んでいた運動療育のサーキット遊びも一旦終了しました。

準備体動でやっていた[しゅりけん忍者]というリズム体操も一週間でだいぶ良い動きになりました。
曲をよく聞いて“頭手裏剣”ならしゃがむ、“足手裏剣”ならジャンプ、“忍者チョップ”なら頭の上で手を合わせるという動きの理解もしっかりできるようになりました。
「準備体操始めるよー」とスタッフが声を掛けると、主担当のスタッフのそばに集まり始まりの忍者ポーズで曲がかかるのを待つ姿も見られるようになりました。やる気が感じられて嬉しかったです。
途中から次々に動きが変わるようになるところも曲をよく聞いて動ける子が増えました。
動きを間違えたと気づいて「違った!」と笑ってしまう姿も見られました。

サーキットの内容は子どもの取り組みの様子で変えていきました。
はじめは基本の[片足跳び][ほふく前進][しゃがみながらジャンプ]の動きだけでした。

片足でバランスをとることや右足から左足に替えるところ、腕の力だけで進めず足を使ってしまう、ジャンプで足を上げる時に手で体を支えることが難しい…など、それぞれに苦手としている部分が見えてきました。
そこで、この運動は継続しながら他の動きを足していくようにしました。継続することによって苦手としていた部分を自分で何回か練習したり、工夫したりする姿が見られるようになりました。
前日にはできなかったことが翌日にはできるようになって嬉しそうにしている姿も見られました。
諦めてしまうのでなく、自分で考えて頑張りやれるようになるというのは素敵なことですよね!

慣れてきたらほふく前進をする距離を長くしたり、くじ引きのようにして引いた赤・青・黄色の忍者と同じ色の折り紙を1、2、3、4と声を出しながらタッチしたり(ビジョントレーニング)、跳び箱の上に腕の力で体を支えながら跳び乗りジャンプで下りるという動きを足しました。

「今日はどんな技を足すの?」「できるかなぁ?」「そんなのすぐできるよ!」など動きを増やすたびに様々な反応が見られました。
マンネリ化を防ぐと同時に、やればできる・やってみよう という気持ちを感じて欲しいなという願いで、できるようになったことと新しいことを組み合わせて取り組むようにしました。

ただサーキット遊びをするのではなく、忍者の修行と称して取り組んだので練習後に1人ずつ順番に2回取り組んで、2回取り組めたところで折り紙の手裏剣がもらえるというルールで行いました。
「昨日はこの色の手裏剣だったから今日はこれにする」「もう3個目ゲットした」などと言う姿があり、頑張ってもらえた手裏剣を嬉しそうにする姿がありました。
体を動かすだけの活動に、時々こういったご褒美がある活動を取り入れて子どもたちの興味関心ややる気に繋がっていくと良いなと思っています。

順番にやることで、注目を浴びることがちょっぴり苦手な様子が見られたり、友達の様子に関心を持ち「がんばれ!」「できたね」「すごい!」と声を掛ける様子が見られたりしました。
こういった子どもたちの様子から、また今後の運動の内容を考えていきたいと思います。

11月の運動療育のテーマは“リズム遊び”と“ビジョントレーニング”でしたが、もう少しこのまま取り組みを続けて子どもたちの様子を見ていきたいなと思うので、12月のテーマも11月から引き続いて活動をしていきたいと思います。
活動の内容は子どもたちの様子を見て“楽しい”“やってみたい”の気持ちを大切にまた考えて工夫していきたいと思います。

【はぴねす東和田】子どもたちの様子

2018.11.30 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の浅妻です。

私が東和田スタッフになってから1ヶ月が経ちました。はじめは私も早く子どもたちと仲良くなりたいなという気持ちもありながら、今以上に緊張していましたし、子どもたちも「どんな先生なんだろう」と思っていたことと思います。
少しずつですが、来たばかりの頃よりは仲良くなれてきたかなと感じる今日この頃です。もっと子どもたちの気持ちに寄り添い仲良くなっていきたいなと思っています。

そんな私がみつけたここ最近のはぴねす東和田での子どもたちの嬉しい姿をお伝えしたいなと思います♪

その(1):中学生の女の子が小学3年生の男の子の宿題を見てくれていた
見てくれていたのは算数の宿題でした。「ここが3でしょ?だから○○がこうなって…」と分かりやすく説明してくれていました。
中学生の女の子は友達との関わりが苦手なところがあるので、優しい口調だったことも、目線を合わせて話していたところも、教えてあげようという気持ちになったことも嬉しく思いました。
また、3年生の男の子もちょっぴりおふざけをしてしまう姿があるのですが、この時はふざけることなく教えてもらって、宿題が終わると嬉しそうにしていました。

その(2):異年齢の関り
はぴねすに通っている子は小学生から高校生までですよね。その(1)にも書きましたが、はぴねすにいる間は同じ学年の子だけでなく異年齢の関りが持てます。
その中で
“あのお兄ちゃんはいろいろなことができて凄いなぁ” “小さい子に優しくしてあげよう” “もう少し大きくなったらあんなこともできるよになるのかなぁ”
などという気持ちも抱けて、そういうところが私のはぴねすの良いなと思うところです。
そんな関りの中、小学校低学年の男の子が絵を描くことが好きな高学年の子に好きなキャラクターを描いてもらったり、考えたキャラクターを一緒に描いたりしていました。低学年の子は描いてもらって嬉しそうでしたし、高学年の子は頼りにされて嬉しそうな様子でした。

その(3):またやろうね
通っている学校は違いますが、趣味や好きなものが合う友達や遊び方が似ている友達など、はぴねすに来ると会える友達がいるというのも良いですよね。
一緒にブロックで遊んでいた男の子2人がいました。作ったブロックを動かして遊んだり会話を楽しんだりした後、お家作りをしようということになりました。
鉄棒と椅子を置いてその上にマットを2枚乗せて屋根にし、倒れないように横にも椅子を置いて支えて…
「ここを押さえた方が良いんじゃない?」「どうしようか?ーーーこれはどう?」「そっち持ってくれる?」
などと協力してお家の完成!
できると嬉しそうに中には入ったり屋根の部分に乗ったりして遊んでいました。
作り始めたのが遅い時間だったのですぐに片づけになってしまったのですが、「またやろうね」「次はもっと早い時間から作ろうね」と話し片づけていました。
これを楽しみにはぴねすに来てくれることでしょうね。嬉しいです。

運動療育の時間にも、今週は1人ずつ順番に取り組む部分があるのですが、友達の様子を見て応援したり「できたね」と声を描けたり拍手をしたりという様子が見られます。友達の様子を見ていられることもすごいですし、友だちの姿やできたことに共感できることができるということもステキなことですよね。
上手くできなかった部分を諦めてしまわずにできるようになる為にやり直す姿もあり、これもまた嬉しい姿です。

これからもたくさんステキな姿を見つけてお伝えしていきたいなと思います♪

【はぴねす東和田】半年間を振り返って

2018.11.29 | Category:

いつも活動記録をご覧頂き、ありがとうございます。

はぴねす東和田の堀内です。

早いもので、私もはぴねす東和田に赴任してからはや半年になります。あっという間の半年間だったなあと実感しています。

『光陰矢の如し』ということわざがありますが、まさにそんな日々を送らせて頂きました。

その間、東和田の子どもたちは本当に日々成長しているなと実感しています。

土曜日や祝日は課外活動として、メダカ採りに行ったり、また、夏休みは稀にみる猛暑でありながらも山へも登りましたし、アスレチックも行いました。

そこで楽しんだ鬼ごっこだったり、かくれんぼだったり…。思い出は尽きないけれど、いつもそこには東和田っ子の笑顔がありました。

生きているから当然、つらいこともあるし寂しいこともありましたが、はぴねすの業務中には一度もそんな思いに浸ったことはありません。

それは、こんな足りない私をスタッフの皆さんが頼もしく誘導して下さり、何よりも子どもたちが屈託なく明るかったからでしょう(*^_^*)。

ホントにみんないろいろな楽しい思い出を残したし、酷暑の中でも元気一杯だった。

日頃の運動療育も、かつては参加できなかった子が運動をしている姿を見たり、集合する時間が前よりも素早くなったり(^^♪)。

みんないい顔になってきましたね(^_-)-☆

連日ご紹介しているように、晩秋の今月はリズム遊びとビジョントレーニングをテーマに、東和田キッズは運動療育に励んでいます。

少しずつ筋力が付いてきたかな?‼

春先や夏に比べてすっごくいい体つきになってきている子もいますよ\(^_^)/。嬉しいじゃありませんか(*^_^*)

今年も早、残すところあとひと月余りとなりました。

私ももう、すっかりおじさんからおじいさんに近い年になってきました。

思えば、夏の課外活動。もう年なので(人前ではまだ若いと言い切っていて、それを通しているんですけど)、あの暑さの中でぶっ倒れて迷惑だけはかけないようにと、必死で祈りながら外出した日々。

長年にわたり障害者福祉に従事しながらも、さすがに人の世話にだけはならないようにとね。こっそり思ったんですけど、なんとかダイジョブでした。まあなんとか体だけは鍛えてましたので((+_+))。

最近、朝晩の寒さがめっきりと増してきましたね。

 

私も来月からはぴねす安茂里に異動します。

数か月間、拙い分面にお付き合いいただいて本当にありがとうございました。

これからも引き続き、東和田キッズの逞しい成長とスタッフの今後の活躍を祈っています。

【はぴねす東和田】サーキットあそび・今週末の活動

2018.11.28 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の浅妻です。

今週はサーキットあそびを継続してやっています。
動きのポイントが分かってきて、片足でのバランスのとり方や足の入れ替え、足を伸ばすこと、腕の力の入れ方、跳ね方など自分で気づいて上手くいかない時はやり直すような姿も見られるようになりました。
スタッフの見本の動きをよく見たり、アドバイスを聞いたりして自分でやってみようとする姿が見られて嬉しく感じます。

友達の姿を見て「すごいね」「できてるね」などと認め合う姿もあり素敵だなと思います。
認められた子も嬉しいですよね♪

前回できなかったことや難しかったことが、できるようになったり分かったりするような取り組み・活動内容を考えていきたいなと思っています。

さて、今週末は土曜日はもう12月ですね。1年あっという間に過ぎてしまいますね。今年も残りわずかです。

今週末の活動は【映画鑑賞】です。
12月1日は“映画の日”だと知っていますか?

1896年(明治29年)、神戸の神戸倶楽部で日本で初めて映画が一般公開されたことを記念して日本映画連合会(現・日本映画製作者連盟)が制定しました。
この神戸倶楽部で公開されたのは、今日のスクリーンに映写されるタイプではなく、エジソンが発明した1人ずつ覗き込んで見るタイプの「キネトスコープ」と呼ばれるものだったそうです。

今週末はちょうどこの映画の日にあたるので、みんなで映画鑑賞をしたいと思います。

映画館にみんなで行くのは難しいので、はぴねすに大きなスクリーンを設置して鑑賞したいと思います。
事前に子どもたちに何を見たいか尋ねてみたので、その中から何が良いか決めたいと思います。
何を見るかはお楽しみに!

ただ見るだけでなく、実際の映画館のようにチケットを購入して、半券をもらい、座席に座ってみるというような活動を考えています。
上手に「チケットください」と購入できるかな?

午前と午後、2つの映画を見たいなと思っています。
みんなで映画の日ということを知り、映画の日ならではの活動を楽しめたら良いなと思います。