MENU TEL TEL TEL

カテゴリ一覧

【はぴねす東和田】体育館

2022.01.24 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。はぴねす東和田です。

 

今回の活動報告はサンアップルでの体育館活動です。

 

1/24(日)に行って来ました。

 

サンアップルは入館時の検温、消毒、使った道具の都度消毒や人数制限を設けているなど感染症対策を入念に行っているので安全に体育館活動を行う事ができます。

 

今回は卓球大会という名目があったので子ども達には一回はやって来てねと声を掛けスタート。

 

卓球コートに行けない子達は体育館コートでバスケやボッチャをして身体を動かしました。

 

ボッチャが人気で毎日の運動で継続して行っていますが、サンアップルではボッチャの道具を一式貸し出ししているので本物で行う事が出来ました。

 

転がり具合や大きさはやはり別物で加減が難しかったですが、トーナメント制で試合を行ったりととても楽しく出来ました。

 

卓球は一通り行うと子ども達は「もういい」と誰一人卓球には行かず、「バスケの試合やろう」とバスケに活動が変更になりました。

 

リングは子どもに合わせ低くしたので低学年の子でもゴールにボールが届くようにしました。

 

いざ試合を始めてみると、ドリブルをせずにラグビーのように抱えて相手ゴールへ突進という子の多いことwww

 

仕方ないので有りルールで行いました。

 

先生達も子供に負けじと沢山しっかりと動いてシュートを決めたりしていました。

 

10分×3Qで試合をしましたが、低学年はまだまだ体力が余っていてまだシュート練習などしていました。

 

バスケのルールをしっかり覚えドリブルをしてボールを運ぶなどスポーツごとの約束事もこれから学ばせていかせないといけないと感じました。

【はぴねす東和田】ボッチャ活動

2022.01.18 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。はぴねす東和田の南場です。

今回は先週から行っているボッチャの活動報告です。

1/16に南長野運動公園で行われるボッチャ大会に参加する予定だったので毎日の運動で練習をしていました。

しかし新型コロナウイルスの第6波の影響により北信大会や県大会も中止に。

楽しみにしていた大会がなくなり気落ちしてしまうかな?という心配も杞憂に終わりました。

こういう時の切り替えは子ども達はとても早く助かります。

それでもボッチャは大会出場予定以外の子ども達にも大人気で、皆とても楽しんで参加しています。

普段は面倒くさがり運動をしたがらない子も積極的に取り組んでくれています。

ボッチャは肢体不自由者の為に作られたスポーツではありますが、健常者、障害者、老若男女問わず楽しめるスポーツです。

自由時間中も職員との対戦を楽しんだりと職員も楽しく行っています。

また、ボッチャは的となるボールに近い方に得点が入るというルールで、的を動かす、相手のボールをはじくなどの作戦次第で逆転も怒り得るスポーツとなります。

子ども達は「あそこを狙って」「あれ弾けよ」とチーム内で指示がよく飛び交っていてコミュニケーションがとてもスムーズです。

運動面でも上腕や手指の微細なコントロールや力加減も求められるので空間認識向上にも役立っています。

子ども達に人気の活動の為今月はボッチャを継続して行います。

来年度はコロナも落ち着き大会が無事に開かれると良いなぁ。

【はぴねすジョブ若槻】調理実習でパンとシチューを作りました!

2022.01.14 | Category:

いつもありがとうございます。はぴねすジョブ若槻の中川です。

今回は12月19日に行った調理実習を紹介します。

 

今回はゴマが入ったパンと、シチューを作りました。

最初にゴマパンの材料を測りできちんと計り、こねます。

今回は強力粉とドライイーストを使って作りました。

きちんと分量で計り、自分のパンを作りました。

 

一人ずつ作り、ボールに分けてから発酵させます。

こねている時は固い生地ですが、ラップをして発酵させると、もちもちの柔らかい生地に変わります。

こねながら完食の違いを楽しみました。

 

 

今回はホットプレートで簡単に焼けるパンなので、

型に入れて、じっくりと蒸し焼きをしました。
 

パンを発行させている間に、シチューの材料を切ります。

何度も調理実習を行なっていることや、お家でも料理をしている児童もいるため、

全員スムーズに切り分けることが出来ました。

材料を炒める時も、交代で行い、協力して作ることが出来ました。

 

牛乳とルーを入れて煮込み、パンによく合うシチューが出来上がりました!

同時にパンも出来た為、片付けも並行して行います。

自分たちで気が付いて洗いに行ったり、職員に質問しながら取り組むことが出来ました。

 

実食です!

「美味しい!」と大好評でした!

作る事も食べることも楽しむことが出来ました。

また作りたいと思います。

【はぴねす東和田】新型コロナウイルス警戒レベル引き上げによる活動への影響

2022.01.11 | Category:

いつもお世話になっております。はぴねす東和田です。

 

冬休みも終わり、いよいよ3学期が始まりました。

 

進学、進級など間近に迫ってきましたね。

 

次のステップに進むために必要な事を身につけて行く期間になるように3学期も日々の活動を行えればと思います。

 

ただ、新型コロナウイルスがまた県内にも広がり始めており、長野市においても警戒レベルが4に引き上げられました。

 

そのため、土日を中心とした課外活動でも人が集まりやすい屋内施設での活動は控えて行かざるを得ない状況となってきています。

 

活動内容をご覧いただき土日の活動へご参加いただいてますが、プールなどの活動に関しては変更をさせて頂くことがあります。

 

変更後の活動については決まり次第、利用予定のご家庭にお知らせさせて頂きます。

 

楽しみにしていた子ども達には急な変更などにより楽しみが奪われる形にはなってしまうかもしれませんが、保護者、お子様、職員の安全を第一にさせて頂ければと思いますのでご了承、ご協力をお願い致します。

 

コロナに負けず少しでも楽しめる課外活動を今後も提案していけるようにいたします。

【はぴねす東和田】新年のご挨拶

2022.01.06 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。はぴねす東和田です。

旧年はお世話になりました。

本年も児童にとって実りある活動となるよう職員一同療育に邁進していければと思います。

変わらぬご愛好の程何卒よろしくお願い致します。

【はぴねす東和田】親子ボーリング

2021.12.21 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。はぴねす東和田です。

 

今回は12/18(土)のヤングファラオで行った【親子ボーリング】の活動報告になります。

 

前回は1組の保護者が参加されましたが、今回は3組に増えました。

 

大人こども合わせ17人の参加となりました。

 

はぴねす東和田では定期的に親子参加型の課外活動を土日に入れています。

 

保護者だけではお出かけが難しいというお家もあるかと思いますが、活動を利用して頂くことで親子で楽しめるようにしています。

 

当日のヤングファラオでは長野県警の催し物が行われており、店舗入り口階段下でダンスが行われていました。マスコットも来ていて集合までの間子どもたちはマスコットと写真撮影をしたり、ダンスを見ていました。

 

ボーリングは保護者参加の方は子どもも一緒にそのまま1レーンずつ利用にし、子どもだけの参加はガタ―レーン有りと無しに分かれて行いました。

 

ガタ―レーン無しの方には「無しでいい」という1年生の子もいました。後から初めて無しで行う事が分かりましたが、案の定ガターを連発という展開に。

 

それでも自力でピンを倒すと「よっしゃー」と喜んでいました。お兄さんたちに混ざりたいと背伸びをすることも、上手く行かない事も経験です。

 

保護者と一緒に参加のお家もご兄弟などと一緒に楽しみ、スペアやストライクが出るとハイタッチをしたりと楽しまれている姿が見られました。

 

スコアもお友達と1点差の競った展開になったりといい勝負が繰り広げられたりして子ども達も大盛り上がりでした。

 

身体を上手く使えていない、力が足りずボールの重さに負けてしまうことで上手くボールを投げられない、体力が2ゲーム持たないなどこれから養っていかなければいけない部分も確認することが出来ました。

 

保護者の方も久しぶりのボーリングを十二分に楽しんでくれた様子でした。

 

来年もボーリング、ワカサギ釣り、サッカーボランティアと親子でご参加いただける活動を行っていきますので、まだ一度も参加したことがない方も是非ご参加ください。

【はぴねす東和田】ライ麦踏み体験

2021.12.13 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。はぴねす東和田の南場です。

 

今回は12/12に行った活動についてです。

 

先月11/13に麦撒き体験を行ってきましたが、その麦が芽を出してきたとの事で、より丈夫に大きく育つように今回は麦踏みを行ってきました。

 

「体重をかけることを意識するよりも踏み残しが無いようにして下さい」というアドバイスを頂き子ども達も丁寧に土の上を歩いていました。

 

麦踏みを行った後はヒンメリ作りを行いました。

 

ヒンメリとは乾燥した麦藁を糸でつないで作る北欧の国・フィンランド伝統の飾りで、別名「光のモビール」とも呼ばれています。
(モビール:プラスチック、金属板、薄い木の板のような軽い素材を、糸や棒で吊るし、特定の位置でバランスを取って安定するようにしたもの)

 

手順自体は簡単なものですが、やり始めると意外と手こずったりして子ども達も職員も真剣にヒンメリ作りに取り組みました。

 

クリスマスの飾りつけとしても使えるそうです。

 

ヒンメリ作りの後は別班と入れ替わり長沼の被災地見学ツアーに行って来ました。

 

長沼で被災したお宅の一部は更地にして別の地域に転居したりと空地もあちらこちらに見られました。

また、2m程基礎を上げ再建するお宅もありました。

長沼地域の本当の意味での復興にはまだまだ時間がかかるんだなと改めて感じさせられました。

 

被災地見学から戻ると汁物やリンゴなどの準備がされていてお昼ご飯になりました。

 

汁物には鯖缶、人参、白菜、大根、里芋、なめこ、エノキなど沢山の具材が入っていました。
美味しかったので5杯くらいお替りをしてお腹を満たす子もいました。

 

来年にはライ麦の収穫体験もあるかもしれないので、その時はまた参加出来ればと思います。

 

【はぴねす東和田】大縄跳び

2021.12.08 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。はぴねす東和田です。

 

今回の活動は【大縄跳び】の報告になります。

大縄跳びは先週から日々の運動で始めました。

大縄跳びに必要な能力は、縄がどの位置にあるか、いつ足元に来るか予測するための空間認知力、タイミングを取る為にジャンプにステップを刻む力、その場に留まってジャンプするために必要なボディイメージなど複数の力が必要となります。

低学年の子で多いのは視覚優位のため縄を追従してジャンプしてしまう、タイミングを取る為のワンステップを刻めない、跳ぶタイミングが分からないこと。
高学年の子でも空間認知力がまだ備わりきっていないため、タイミングが合いづらい子もいます。

 

そのため運動の手順は

(1)その場でワンステップを刻んでのジャンプ
(2)置いた縄を左右にワンステップ刻みながらジャンプ(10回)
(3)郵便屋さんの落とし物に合わせ揺らしワンステップ刻んでタイミングを取ってジャンプ(10回)
(4)郵便屋さんの落とし物に合わせて何回跳べるか(高学年)

 

以上のように行っています。

一人ではワンステップ刻んでジャンプを行えるようになった子も、

お友達と一緒に跳ぶと視覚優位の為周りに引っ張られてしまいステップを刻めなくなってしまうことも。

それだけ視覚が優位になっている子がいるという事になります。

 

空間認知力やボディイメージは一朝一夕で身につくものではありませんが、

積み重ねで身につけることが出来る能力でもあります。

 

はぴねす東和田では運動を通し空間認知力やボディイメージを高めることが出来るようにしています。

苦手だった運動もこれらが身につくことで楽しいと意識を変えることも出来ます。

楽しみながら能力を高めていく。

そんな運動療育を実行していけるよう職員も種目や難易度を考えています。

【はぴねす東和田】落ち葉拾い

2021.11.24 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。はぴねす東和田の南場です。

今回は11/15~11/19まで行った落ち葉拾いの活動です。

落ち葉拾いは運動公園事務局にご協力いただきアクアウイング周辺で行いました。

アクアウイング周辺を綺麗にしつつ季節を感じながら自然を楽しむ。という半分ボランティア、半分遊び目的で行いました。

ほうきをお借りすることができたので職員がほうき、子ども達は拾う係と分担制にして行いました。

 

何チームかに分かれそれぞれの場所で落ち葉拾いをスタートしましたが、いつの間にかどれだけ集める事ができるか競い合いになっていました。そのおかげもあり、日を追うごとに落ち葉を拾う量も増え多い日には70リットルの袋5袋分集めた日もありました。
日没となる17:00までだったので実活動時間20~30分程でよく頑張りました。

 

集めた袋は欲しい方が自由に持ち帰れるようになっていて、次の日の活動時に綺麗になくなっている事もありました。

毎日落ち葉は発生するのでどれだけアクアウイング周辺の落ち葉整理に貢献できたかは分かりませんが、子ども達は飽きることなく楽しんで落ち葉拾いを行ってくれました。

 

落ち葉拾いは秋にしかできない活動でもあるので季節を感じ、楽しく活動が出来た自然に感謝したいと思います。
また活動にご協力いただいた長野運動公園の方々にも感謝いたします。

 

【はぴねす東和田】ライ麦栽培体験ワークショップ

2021.11.15 | Category:

いつも閲覧ありがとうございます。
はぴねす東和田です。

今回の活動報告は11/13に行ったライ麦栽培体験ワークショップです。

今回は、<被災地長沼復興大作戦ふぞろいのストロープロジェクトwith HopeApple>に行って来ました。

 

当日の朝は冷え込みましたが、日中はお日様が出て暑いくらいでした。

2019年の台風19号で被災した長野市長沼地区の復興に取り組む

ボランティア団体「 HopeApple(ホープアップル)」の活動に参加しました。
地区内の畑でライ麦を栽培して茎を原材料にストローを作るプロジェクトが始まるので、

 

今回の活動は1アールほどの畑で種まきをしてきました。

初めてライ麦をみる子どもたちがほとんどで、興味津々で主催者の説明を聞いていました。
実際に種蒔きをしてみると、均等に蒔くことが難しく、

1畝の端まで行けずに追加の種を貰ってる子ども達もいました。
高学年の子ども達は、後ろ向きに移動して上手に種をまくことができ、

「大きく育て~」と言いながら土をかぶせている子もいました。

 

 

 

お昼ご飯はHopeApple(ホープアップル)さんの方で、

準備して頂いた焼き芋・鶏肉の団子汁・マシュマロ・リンゴを頂きました。

また、実際に茎で作られたストローを使って麦茶を飲んでみる体験をさせて頂きました。

「すごい麦!!って感じ」と普段使い慣れているプラスチックのストローとの違いを感じていました。
労働後、お米の籾殻で焼いた焼き芋は、中がトロトロほくほくでとても美味しかったです。

団子汁も好評でおかわりしている子どもたちが沢山いました。
籾殻を煙突に被せて焼き芋を作ることでまんべんなくじわじわ焼くことができ、

また火が起きないためやけどの危険性が低く焼くことが出来るそうです。
もみ殻が焼いているところを初めてみる子がほとんどで軍手をつけた手で、

どれくらい温かいのか触っている子もいました。

今回、初めてライ麦蒔きに参加しましたが、またやりたいと子ども達にも好評でした。

 

 

今回参加したワークショップを行った団体をご紹介します。

 

ぜひお子さんと参加してみて下さい。
【団体名】HopeApple(ホープアップル)
【電話番号】090-5689-3658(代表:塚田)
【住所】HopeApple事務所 長野市津野837
次回ワークショップは12/12(日)10:00~12:00
「麦踏み・ヒンメリ体験」になります。