MENU TEL TEL TEL

カテゴリ一覧

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】トランポリン

2021.06.04 | Category:

 

いつも活動記録を見て頂きありがとうございます。
TODAY is New Life東和田です。
最近は運動療育でトランポリンを行っています。

 

<トランポリンの目的>

 

・体幹を鍛える事ができます。
トランポリンは不安定な空中で体のバランスをとるので、筋肉や体幹を鍛えることができます。トランポリンで鍛えられた筋力や感覚は他のスポーツでも役に立ちます。

 

・脳に刺激を与え、発達を促す効果があります。
トランポリンでの運動には、「脳」と「体の動き」が自然に統合されるという効果があるといわれています。
トランポリンで繰り返し、上下運動を行うことにより脳の中の運動を司る前頭前野や前庭脳に刺激を与え、発達も促します。

 

・楽しみながら、運動ができる
ジャンプしながら遊ぶことが大好きな子どもたちは、トランポリンで飛び跳ねることを楽しいと感じることが多いです。楽しみながら体を鍛えられることは、トランポリンを行う1番のメリットです。

 

最初は怖がる子やバランスが取れなく転んでしまう子がいましたが、少しずつ行っていくと自分でバランスを取って楽しそうにトランポリンを行う子が増えてきました。これからもたくさん取り入れていきたいと思います。

 

 

 

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】お弁当の歌

2021.06.01 | Category:

 

いつも活動記録を見て頂きありがとうございます。

 

TODAY is New Life東和田です。

 

5月は朝の会で「チューリップ」を歌ってきましたが、6月に入ったので「カエルの歌」を歌うようになりました。

 

歌い始めたばかりで振り付けを覚えていない子もいますが、これからどんなカエルの声が聞こえてくるのか楽しみです。

 

また、昼食の前に「お弁当の歌」も歌い始めました。これからも子供たちと一緒にいろんな歌を歌っていきたいと思います。

 

 

 

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】5月の親子通園

2021.05.28 | Category:

 

 

いつも活動記録をご覧いただきありがとうございます。
TODAY is New Life東和田です。

 

今月の親子通園は3組の親子にご参加頂きました!

 

今回は「雨の日」をイメージしたリトミックを行いました。
みんなで作ったカエルのお面をかぶって、保護者と手を繋ぎ、ピアノの音を注意深く聞きながら、
歩いたり、動きを止めたりゆっくり揺れたりと「即時反応」を楽しみながら最後はスカーフの虹を
元気に飛ばしました。

 

即時反応は音楽を聴いて自分の身体の動きをコントロールするため、
注意力や集中力が必要になります。これからも少しづつ取り入れていければと思います。

 

 

 

 

 

 

【児童発達支援Today is New Life東和田】[小麦粉粘土」

2021.05.25 | Category:

 

いつも活動記録をご覧いただきありがとうございます
TODAY is New Life東和田の塩之入です。

先週は雨の日が多かったので、課外活動に変わって小麦粉粘土で遊びました。

 

 <小麦粉粘土の目的>

・手先を器用にする!こねる・ちぎる・伸ばすなど指先を細かく使うことで手先の器用さが育まれます。
・集中力が身に付く!造形活動に取り組む中で自然と集中力が身につきます。
その他にもたくさんの目的があります。
これから梅雨の季節になって来るので粘土遊びをたくさん取り入れていきたいと思います。

 

 

 

【児童発達支援Today is New Life東和田】[♪歌♪」

2021.05.14 | Category:

いつも活動記録をご覧いただきありがとうございます
 

5月から、朝の会と帰りの会でピアノに合わせて、
朝の会では「チューリップ」と「あさのうた」を、帰りの会では「お帰りのうた」を簡単な振り付けと共に歌っています。
始めは振り付けの模倣しか出来なかったお子様も、徐々に声を出して所々歌える様になってきました。
生のピアノ伴奏だと、リアルタイムにお子様の姿を把握し、伴奏を工夫しながら進める事が出来ます。
6月はどんな歌をうたうのかな~♪お楽しみに!

 

 

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】おなかいっぱい~♡

2021.05.13 | Category:

今日のお友だちは机に置いてあるおままごとを使って先生と一緒にご飯タイムです。
盛り付けも丁寧に。早く食べたくて、食べ物がいっぱいで嬉しくてついつい笑みがこぼれます♡
盛り付け終わると、お手合わせて「いただきまーす!!!」

 

 

コップを持ち、「乾杯~!」も大好きな行動のひとつです。
ペットボトルを傾けて注ぐ真似をする子どもたち。
ティーパーティーの準備は完璧です♡

 

 

「先生!!かんぱーい♡」
「僕食べるの大好きだから、嬉しいなぁ♪」
「お肉もフルーツもいっぱいだよ!先生もお茶でもどうぞ〜」と言わんばかりのニコニコの表情で幸せアピールです♥

時計をちらちらと見つめてお弁当箱の時間が待ち遠しい様子でした。

 

 

 

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】お家にあるもので簡単に♬

2021.05.09 | Category:

今日の午前中は天気がいまいちでしたが、午後からは晴れていたので外遊びをした方も多いのではないでしょうか?☆彡

紙コップを使って、カエルの手作りおもちゃを作りました。
ハサミでカエルの形を切り、ペンで目や口を描き紙コップに貼ったら完成!

その後は、完成したもので遊び
「こんなに飛んだ!」「もう一回やってみる!」と楽しんでいた子どもたちです♪

 

 

 

~2歳からの目標~
 

1・片手で持つ前に、両手でグーパーと手遊びをして手を開閉する事を教えてあげましょう。

 

2・ハサミを利き手で持ちます。是非子供用のハサミを与えてあげてください。この時、お母様もお子さんのハサミに一緒に手を添えながら、『グーパー』と掛け声を掛けてあげましょう。ハサミを開いた時に、指を入れてあげると良いですヨ。使い始めは、力が入りませんから旨く切れないはずですが、繰り返す事でタイミングが掴めて来ます。

 

3・紙は、ハガキの硬さがとても切り易いので、幅を2cm位に切った物を与えてあげましょう。一度でチョッキンと切れるくらいの幅です。

 

4・2歳のハサミの目標は、片手で紙を持ち、2cm位の幅を切る事です。上手になってきたら、線を縦に引いてあげて線を狙って切る事に挑戦させてあげましょう。

 

5・切る時に、肘が開いてしまうとハサミの刃が横になり旨く切れません。肘をそっと押さえてあげると良いです。

 

以上の事を気にかけながらお家でもハサミの練習をしてみてはいかがでしょうか☺

 

 

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】たんぽぽきれいだね!

2021.05.07 | Category:

 

たくさんのタンポポに囲まれた公園はとても綺麗で子ども達も
興味を示してじーっと観察する姿がありました。

 

また、綿毛になったタンポポの姿には目を丸くして
「これはなに??」と指差しをして先生に聞く姿も。

 

風によって、ふわふわっと揺れる綿毛に触れると
感触に驚いて手をじっと見つめていました☺

 

最後に口で思い切りふーっと吹いて
飛んでいく綿毛にばいばい!と手を振る姿も。

 

また来年の春に素敵なお花に会えるのが楽しみですね♡

 

 

 

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】わくわくこどもの日☆

2021.05.07 | Category:

こどもの日が終わり、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか^^??

 

手形スタンプをとり鯉のぼりの壁面制作を行いました!!

 

壁に飾り楽しんだあとは、それぞれの手形を一つ鯉のぼりに分けておもち帰りします☆

 

手の大きさも様々で、小さな手から大きなおててまでありとっても
可愛い鯉のぼりが完成しました^^!!!

 

こうしてこども達の手形スタンプをとり制作することで成長記録にもなります^^

 

絵の具で簡単に手形がとれるのでお家でも是非やってみてください☆彡

 

【児童発達支援TODAY is New Life東和田】いまなんじ??

2021.05.01 | Category:

こちこちかっちんお時計さん♪
こちこちカッチン動いてる~~♪

 

みんな大好き♪とけいの歌!!

 

活動に入る前やお昼ご飯の時間、お片付けをする時など
様々な切り替えのタイミングで時計を見てこどもたちに声掛けします。

 

指で動かせる時計の模型を使って時間をお知らせしたり
こども達と一緒に数字に触れたりしながら活動にも入ります。

 

時計の読み方は小学校で習いますが、時計が読めれば生活の中でさまざまなメリットがあるため、就学前から時計の読み方を教える家庭も多いです。しかし、時計の読み方は子どもには難しいため、「子どもがなかなか覚えない」「教えてもすぐに忘れてしまう」と悩む親御さんが少なくありません。

 

時計の読み方は何歳から教えたらいい?

子どものお友だちが時計を読めたら「うちの子もできるようにならなくては」と焦る親御さんが多いのではないでしょうか。時計の読み方は小学校に入学してから習うので、園のお友だちと比べて焦る必要はありません。

しかし、時計が読めると生活の基準になるため、子どもが時計に興味を持ち始めたら、家庭で読み方を教えていきましょう。

 
数字を読めるようになったら

 
時計を読むには、まず数字が読める必要があります。早い子どもだと、3歳頃から時計を読めますが、個人差があるので、この時期に読めなくても焦る必要はありません。

 

子どもが数字を読めて、数の概念がわかるようになってきたら、時計の読み方を教えてもいいでしょう。生活の中で「〇時だから…」「〇時までに…」「あと〇分で…」と時間を意識させると、自然に時計の読み方をマスターしていくでしょう。

 

子どもが時計を読めるようになるメリット

では子どもが時計を読めると、どのようなメリットがあるのでしょうか??

 

生活のリズムが整う

 

時計を読めるようになれば、「〇時になれば何をする」という生活の基準が理解できるようになります。たとえば「3時になったからおやつを食べる」「9時になったから寝る」というように、朝起きてから夜寝るまで規則正しい生活を意識できるようになります。時計を読めるようになれば、時間の感覚がつかめるようになるでしょう。