MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 発脳療育~S-M社会生活能力検査~

発脳療育~S-M社会生活能力検査~

2017.10.20 | Category:

いつもご覧いただきありがとうございます。

はぴねす東和田の栗原です。

 

はぴねす東和田では、昨日学休日のお子さまが多くいらっしゃったのでみんなで少年科学センターに行ってきました!

みんな目の色を輝かせながら楽しい時間を過ごしていました!

このように課外活動も取り入れ様々な経験・体験を積んでもらいたいと考えております。

 

さて、本日は「S-M社会生活能力検査」についてご紹介させていただきます。

こちらは先月「もんぜんぷら座」にて開催されました山内先生の特別支援教育講演会でも取り上げさせていただきました。

 

S-M社会生活能力検査では、以下6つの領域で社会生活能力を測定します。

 

①身辺自立:SH(Self-Help)衣服の着脱、食事、排せつなどの身辺自立に関する能力

 

②移動:L(Locomotion)自分の行きたいところへ移動するための能力

 

③作業:O(Occupatiomn)道具の扱いなどの作業遂行に関する能力

 

④コミュニケーション:C(Communication)言葉や文字などによるコミュニケーション能力

 

⑤集団参加:S(Socialization)社会生活への参加の具合を示す能力

 

⑥自己統制:SD(Self-Direction)図形や数量の理解・処理といった数学的思考を含んだ、問題解決に向かって思考する力

 

これら6領域129項目を習得できるようにあらゆる経験と習慣を習得するための支援を行っております。

楽しみながら、少しずつお子様の「できる」ことを増やしていきます!

宜しくお願いします!