MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 長野市 放課後等デイサービス 療育

長野市 放課後等デイサービス 療育

2017.11.06 | Category:

いつもご覧いただきありがとうございます!

はぴねす東和田の新井です!

 

最近の長野は急に寒くなりましたが皆さんはお風邪を引かれていませんか?

はぴねすの子供たちはもちろん、スタッフも風邪に負けぬように毎日運動療育に励んでいます!!

運動をすると免疫力が向上すると言われています。

また、時代の流れとともに外遊びをする機会が減ってきている昨今、思いきり体を動かせることはとても重要な体験になります。

勿論怪我をしないよう、安心安全を第一に療育を提供させていただいております!

 

さて、本日も、はぴねす東和田の療育の一コマをご紹介させていただきます。

 

はぴねす東和田の壁には「ボルダリング」があります。

目につくので、見学に来たお友達も気軽にチャレンジしてみます。

既存のお友達は横に移動、色しばり(色を決めてやってみる)、ミッションなどハードルをあげてどんどん上達します。

 

そんな中、「今日は僕もやってみる!先生一緒にやろう?」と声をかけてくれた子がいます。

今まで、誘ってもあまりやらなかった子です。
「最初は一段、次は二段、次はもうちょっと上まで」と少しずつ高さを上げて行きました。

「先生近くにいる??ぼく落ちない?」と一生懸命に上がっていきます。

 

「見てー!ゴールまで行けた!!」頬を赤くして、少し緊張して、でも達成感!!

「すごーい」皆で拍手しました。

 

感想は?と聞くと
「昔より手と足が痛い。こんなに痛かった??」と不思議そうでした。

 

以前よりお子さまの成長を感じられた瞬間でした!

 

「ボルダリング」においては、

 

「何かを掴む力」・・・指先の筋力も必要ですし、突起の形状に合わせて指をどれだけ曲げるのかを調整する力も必要です

「足で踏ん張る力」・・・残っている足で踏ん張りを効かせることで、上に登っていくことができます

「目的までの距離を測る力」・・・目指しているところまでの距離を測れることで、どれだけ腕や足を伸ばせばいいのかの判断材料になります

 

といった力が必要ですし、遊びの中でこれらを養っていくことができます!!

職員も一緒に取り組み子どもたちと感情の伴った関わりを通じながら、子どもたちの成長を支えていきます!!