MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 長野市 放課後等デイサービス ~褒め方~

長野市 放課後等デイサービス ~褒め方~

2017.11.14 | Category:

いつもご覧いただきありがとうございます!

はぴねす東和田の新井です。

 

今日は社内研修として一般社団法人 障がい児支援協会 会長の山内康彦先生のセミナーを視聴しました。

セミナーの内容は発達障害について多種多様に講義が行われていましたが、その中でも今日紹介したいのが

「褒め方」についてです。

 

山内先生はセミナー内で、「子どもは叱るより褒めるほうが伸びる」といわれていました。

全ての子どもに必ずしも当てはまることではないと思われますが、私自身も褒めたほうが伸びるという事には

同感でした。

褒めたほうが伸びるという事の理由の一つとして、「ほめるサイクル」というものがあります。

ほめるサイクルとは、

教師がほめる   ←    みんなに力を発揮する自分らしさ   ←    子ども同士がほめ会う

   ↓                                     ↑ 

子どもがほめられる → やる気が出る(自信アップ) → よいことが増える → ほめ会う安心

といったサイクルで、子どもたちの良いところ、ほめたい場面をストックしていくことで、

事実にもとづいた「ほめ言葉」を伝えられるようになり、子どもたちの確かな自信へと繋がる

いったものになっています。

 

また、褒め方にも種類があることを学び、

(1)「あなたがいて良かった」「あなたの役割は○○」等の位置づけ 

(2)「あなたのよいところは○○」「~できるのはあなただけ」等の価値づけ

(3)「次は~するといいよ」「~な姿もみてみたいな」等の方向づけ 

と種類があることも教わり、私自身の療育や指導を振り返ってみると、確かに上記のような声かけを

意識してしていることがなかったと反省でき、また一つ子どもたちの成長に役立つ指導方法を学べたので、

しっかりと学んだこと実践に移し、子どもたちの支援に当たっていきたいと思います。