MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 長野市 放課後等デイサービス ~平均台~

長野市 放課後等デイサービス ~平均台~

2017.12.22 | Category:

いつもご覧いただきありがとうございます。

はぴねす東和田の新井です!

 

今日は冬至で一年で一番日が短い日でした。

これからは日が長くなるよと子どもたちに伝えたら「じゃあはぴねすでいっぱい遊べてお得だね!」と言ってくれる子がいて、

その言葉を聞いてはぴねすの事が本当に好きなんだと思い嬉しく思いました。

 

今日紹介したいことは、運動の内容ではなく、はぴねすで大活躍している道具の【平均台】です。

平均台と言っても、学校にある硬くて細長いものではなく、クッション性で軽くできていて、長さが一メートルほどのものになります。

この平均台ははぴねすに欠かせないものとなっていて、従来の使い方通り乗ってバランスを取る運動ももちろんやりますが、

他には先日紹介した滑り台として使用する事もあり、上に座って先生が後ろから押しスライダーのようになったり、

力の強い子にとってはボール代わりに先生と交互に投げ合い、ドッジボールならぬドッジ棒になることもあります。

そして最近はぴねすで流行っているのが、この平均台を挟んでの力比べをすることです。

子供たちは競い合う事が大好きで、シンプルな勝負であるこの力比べを最近は好んで行うようになってきました。

 

先生も人によっては手加減をしたり、手加減を嫌がる子にはハンデとして片腕で勝負したりといろんな勝負方法で挑み、勝った負けたで盛り上がっています。

他には、運動によっては満足に体を動かせなかった子などが、クッションで柔らかくできているので、ジムにようにサンドバック代わりにして汗を流しています。

 

このように大活躍している平均台ですが、私が初めてはぴねす東和田に勤めた時よりも、だいぶ柔らかくなってきています。

物の寿命としてはまだまだ大丈夫ですが、子どもたちには、道具や物、特にみんなで使うものについては大事に使い、道具にも感謝の心を忘れないことを伝えていきたいと思います。