MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 長野市放課後等デイサービス ~餃子作り~

長野市放課後等デイサービス ~餃子作り~

2018.03.29 | Category:

いつもご覧いただきありがとうございます。

はぴねす東和田の新井です。

 

連日いい天気が続き、よそでは25度を越える夏日を観測したところもあったそうですね。

 

春休みも約半分ほどが過ぎ、はぴねすでは博物館に行ったり、体育館で思いっきり体を動かしたりしました。

そして今日は春休み初の調理実習として、みんなで餃子を作りました。先週にフルーツポンチを作りましたが、缶詰を切って容器に入れ炭酸ジュースを入れるといった簡単な形だったので、しっかりとした調理実習としては今日が春休み初となりました。

はぴねすの調理実習はまずお買い物から始まります。今日はメガドンキホーテに行き、餃子の具材を買ってきました。餃子の作り方はご家庭でいろいろレシピが異なったりしますよね。私の家ではチーズ餃子やキムチ餃子を作ったりします。はぴねすでは以下のようなレシピにしました。

【材料】・豚ひき肉 ・キャベツ ・餃子の皮 ・生姜チューブ ・塩コショウ ・醤油

①キャベツをみじん切りにして、ボールにミンチ肉と一緒に入れる

②ミンチ肉、キャベツの入ったボールに塩コショウ、生姜、醤油を入れて混ぜる

③粘りが出たら皮に包んで完成!

 

今日は先生と子供たちで合わせて8人で、餃子何個食べれるかわからなかったので、餃子の皮は約200個買ってきました。

はぴねすに戻り、いざ餃子づくり始め! 女の子がキャベツをみじん切りにしてくれ、男の子がキャベツとお肉を混ぜてくれました。そして皆で皮に包みましたが、ここが一番難しい所で、多すぎず少なすぎず餡を入れ、皮にひだを入れながら包むのですが、普段お料理のお手伝いをしている子ならできるかもしれませんが、そうでない子はやはり難しいと思います。そんな子のための便利アイテムの餃子包み機(仮)があり、ここに皮を置き、餡をいれて包み機をギュッと挟めば、綺麗にひだひだが入った餃子が出来ました。

餃子の包みと並行して先生が餃子を焼いていき、ついに約200個の餃子が出来ました!

お肉はジューシーで春キャベツは甘く、最高の出来栄えでした!

食べきれるかなぁと少しだけ不安もありましたが、育ち盛りの子供と、屈強な先生軍団の胃袋の中にすべての餃子は吸い込まれていきました!

 

運動もして、しっかりご飯も食べて、立派な体に成長していきましょう!!