MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 放課後等デイサービスはぴねす東和田~小天狗の森~

放課後等デイサービスはぴねす東和田~小天狗の森~

2018.05.04 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の新井です。

 

GWも残りわずか、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

はぴねすでのGWは、昨日は飯山の菜の花公園で一面の菜の花を見てきました。

そして今日は戸隠の飯綱高原にある小天狗の森に行ってきました。

 

小天狗の森はキャンプ場の奥に広がるカラ松林の中のフィールドアスレチックで、延長700mの区間に31ものアスレチックが点在する、無料で遊べる施設です。事前に調べたところ、すべてを回るためには、所要時間は約1時間半との事でした!

また、普段は林の中という事もあり、静かで落ち着いた雰囲気のある施設だったそうですが、今日はGWのため、他のご家族やお子様もいて賑やかな状態でした。

 

アスレチックには落ちないようにバランスを取るもの、登ったり降りたりするもの、他にも潜る、摑まる、渡るといった多種多様なアスレチックがありました。

バランスを取るアスレチックでは体幹を鍛えることができ、登り降りには腕と足の筋力が鍛えられます。

今日はぴねすに来てくれたお友達は高学年と低学年に分かれました。高学年の子は、全てのアスレチックを制覇することで、努力してやり遂げる達成感を味わいつつ、全身運動で体幹や筋力を高めることを目標にしました。低学年の子は、まずは外に出て活動する事自体に慣れること、また、アスレチックが上手く出来なかったり、人が多くてもパニックにならないことを目標にしました。

高学年の子はアスレチックで運動することに慣れてる様子で、数々の遊具を難なくこなせていました。しかし、さすがに31個ともなると後半少し疲れてきたのかペースが落ちましたが、ファイト一発!!の精神ですべて制覇出来ました

低学年の子は初めて見るアスレチックにドキドキしていましたが、先生の力を借りながら自分のペースで攻略していました。また、他のお友達がいたら譲り合って遊ぶ事も出来ました。

 

最後はみんな疲れた様子でしたが、とても満足したいい笑顔でした。

こうした課外活動の行き先は私たちはぴねすのスタッフが企画して行っていますが、もし「こんな所が楽しい」「ここに行ってみたい」等のお声がありましたら是非お気軽にご相談して頂ければと思います。