MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】 熱中症に気をつけましょう。

【はぴねす東和田】 熱中症に気をつけましょう。

2018.07.11 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の堀内です。

今日の運動療育では、走り幅跳びに挑戦しました。

華麗なジャンプの模様の詳細については明日報告させていただくと致しますが。

今日の話題は、暑さが厳しくなるこの季節に特に細心の注意を払いたいのが熱中症についてです。

熱中症と言うと、想像する限りでは外で発症するというイメージが強いんですが、意外にも室内でも起こりえます。

症状としては、一般的に知られているのはだるさでしょうか?

他にも吐き気があったり、頭痛もあったりとか。

予防策は?

よく一般的には、こまめに水分補給をしましょうと言われます。

特に体を動かすうえでの水分の供給はとっても大事ですね。

でも水分補給といっても、ただ、水の成分だけを補給すればいいのではないようです。

大切なのは、水分とともに塩分の補充が体にとってはとても重要なのだそうです。

今市販されている商品としてポピュラーなのが、塩飴だったり、塩○○といったアメの類が多く見られます。これもいいですね!

飲み物では、やっぱり人気のあるのがポカリスウェットだったり、アクエリアスだったり。この種の飲料は飲むと確かに甘いですけれど、

先ほど言いました塩分だったり、イオンだったり、体にとってとても重要な成分を補ってくれます。

だから、スポーツの選手はこれらをいつも愛用していますよね。

いわゆるスポーツ飲料というものですけれど、最近はいろんな種類のものが出てきていて、運動中の栄養補給的な内容のものも売られています(リポビタンDあたりはちょっとちがいますけど)。

はぴねす東和田に通う児童の皆さんも、ほとんどの子どもたちが水筒の中に、マイドリンクを持参していますね。中身は、お茶だったり、先ほどのスポーツ飲料も持っている子もいますね。いい傾向ですね!

先日の坂田山や小天狗の森でもそうでした。水筒が大活躍でした。

ただ私たちも気を付けてますが、その水筒の中身、コーヒーとか、ジュースはちょっと控えたほうが良いようです。

甘い飲み物等は単なる飲料にしかならないようで、かえって糖分の摂りすぎになってしまいます。

子どもたちの体を守り、みんなの健康管理を大切にしていきたいと願う。

そんなわれらスタッフです。