MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】リズムに合わせて動こう

【はぴねす東和田】リズムに合わせて動こう

2018.11.06 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の堀内です。

今月の運動のテーマはリズムあそび、そしてビジョントレーニングです。

昨日は楽器を使って一定の4拍のリズムを作り、それに合わせてジャンプしたり、両手を上げたり、片手だけを動かしたりという動きを取り入れてみました。

いつもの東和田の運動はというと、一人ずつ順番にやってみるというスタイルが定着化していました。

こうやってみんなが一斉に同じ動きをするとうのはもしかして本当に久しぶりか、あるいは初めてだったか⁇

と、そんな大きな変化に感じられた昨日。

全員集合!の掛け声になかなか集まらず、これは"学級閉鎖”ならぬ”運動ボイコット”か⁇

という独特の雰囲気で始まったリズム運動。

無理もありません。始まりの会に前時間に相撲やら、鬼ごっこやら、秘密基地ごっこと盛りだくさんの遊びでみんなクタクタの状態で始まったのですから。

私も始まりの会の前に子ども達と触れ合い、戯れて思いっきり汗をかいていました。

しかし始まってみると、スタッフの協力のたまものだったのか、徐々に子供たちが運動になじんでいくという流れとなりました。

リズムに合わせて動くことに対しては、子どもたちは予想を超えて順応している様子を感じました。

最初はジャンプの動きを続けながら、右手、左手、両手と動きを変えました。

ジャンプの動きを続けるのってけっこうきついんですよね(;´д`)

しかも2つ以上の動きを連動させることの複雑さも考慮して、次からは、右手、左手、両手というふうに動きを簡略化させました。

そうしたら子供たちの表情が一気に和み、楽しさが倍増してきた様です\(^_^)/。

子どもたちは不思議ですね!

リズムに合わせて動くと、だんだんと動きが早くなり、リズム以上に早く動けるんですよね。

私は音楽をやりますので、子ども達が伴奏に合わせて歌う様子や合奏の場に以前立ち会ったことがあります。もちろんその時もそれを実感しました!

逆に高齢者はリズムがひっくり返ると言いますか、速くなったり、遅くなったりと言う感じでリズムがぐちゃぐちゃになっちゃうんですよ!

子ども達のリズムに乗る感覚は子どもたち独特のものです。

これは事業所として大切にしたいものですね\(^_^)/。

この日のリズムに合わせた運動は本日もあります。

どうかお楽しみに\(^_^)/。