MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】風船バレー

【はぴねす東和田】風船バレー

2018.11.09 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の浅妻です。

 

今月はリズム遊びとビジョントレーニングをテーマに運動活動に取り組んでいます。
ここ数日、風船を使っていろいろと活動をしています。

 

昨日は〔風船バレー〕を楽しみました。
まずは、風船を床に落とさないように手でポンポンとつくことをやってみました。
風船の動きをよく見て上げることは簡単のように思いますが、

●フワフワと動く風船を見る(追う)
●風船の落ちてくる速さを感じ取る
●風船の動きに合わせて手を当てる
●強さを考えてつく

ということをいっぺんにやっているんですよね!こんなにたくさんのことを考えながら動いているなんてすごい!!

 

はじめはなかなか続けることができず難しさを感じている様子もありましたが、何回かやっていくうちに慣れてきたようで連続して行える子も増えました。
低学年のお友達は少し難しさもありましたが、まずは風船の動きやつく強さの強弱に気を付けることなどを楽しんでもらえたら良いなと取り組みを見ていました。
高学年になると経験数もあり、やはり慣れるのも早かったですね。

それぞれ動きに慣れたところで、チームに分かれて試合形式で風船バレーをやってみました。
低学年のお友達が高学年の子に「手伝って」とお話して一緒にチームを組んで取り組む姿もありました。
頼りにされた子も照れながらも「任せて!」というような様子でした。
はぴねすの中でこういった異年齢の関りや、友達と協力して楽しむことなどの姿も増えたら嬉しいなと思います。

数人ずつ順番にやったのですが、見ている番の子たちもどちらのチームが勝つか興味津々に見ていましたよ。
また、床に風船が落ちてしまうと「あー、ざんね~ん!」「惜しい!」と口々に言っていました。

しばらくいろいろな方法を取り入れながら、風船を使った遊びを楽しむ運動をやっていきたいなと思っています。

風船バレーをやってみて、風船をしっかり見て動くことはできても、周りの人や物に気を付けて動くことが難しいという姿があることにも気付きました。
今後はそういった部分の課題も楽しみながらクリアしていかれるような活動内容や工夫をまた考えていきたいと思います。

次はどんなことを楽しんでもらえるかなと考えることもまた私たちスタッフの楽しみと学びです♪