MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】名前探しゲーム

【はぴねす東和田】名前探しゲーム

2018.12.08 | Category:

いつもありがとうござます。

はぴねす東和田の西澤です。

 

はぴねす東和田の本日(12/8)の外出は善光寺でおやき作りです!
一般のお店に入ります他のお客さんもいる中での活動なのでマナーに気を使いながら楽しんで来ようと思います。
様子はまた後日お伝えします。

 

今日は先日紹介した名前探しゲームの名前を探す部分の活動をご紹介します。

沢山書かれたひらがなの50音の中から、最初は自分の名前の文字を一文字ずつ探すということが課題です。
狙いとしては『ビジョントレーニング』視覚を鍛えるということがあげられています。

 

集中して探してくれるお子様がほとんどなので、間違えずに持っては来てくれるのですが、探すのに時間がかかる、カードの枚数が多いとヒントが必要等苦労してい子も多々。。。

 

何故スムーズに行かないかという例を少し挙げていきます。

(1)頭の文字からでないと探せない
例えば『こなん』という名前えを探すとして、私たちなら『こ』が見つからなかったり先に別の文字を見つけたら『な』から探す事ができます。しかしそれがまだ難しいお子様もいます。考えられる理由としてはまだ文字の認識が十分でなく一文字ずつの処理が必要だったり、ルールとして順番に取らなくてもいいと言う事が理解できていないという事が考えられます。また、連続指示が苦手で2つや3つまでしか一度に指示の処理ができないと全ての文字を一度に探すことは難しくなります。

 

(2)カードの文字が一つずつではなく全部一気に情報として入って来る
一枚ずつの独立したカードとして認識するにではなく探している文字以外も全て情報になってしまい、映像の取捨を行う事は視覚が強いお子さんには逆に大変になってしまいます。

 

他にも原因は沢山あると思いますが、活動を通して一人ひとりの特性を見極めて、日々の支援や生活のフォローをして行きたいと思います。