MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】山内先生 クリスマス工作会

【はぴねす東和田】山内先生 クリスマス工作会

2018.12.18 | Category:

いつも活動記録をご覧いただきありがとうございます。

はぴねす東和田の新井です。

 

先日の12/16に、私共が定期的に開催している講演会の講師である、山内先生主催のお楽しみ工作会が行われました(^^♪

内容はもうすぐクリスマスと言うことで、クリスマスリース作りです!

クリスマスリースにの輪には、「永遠」という意味があります。

はじめも終わりもなく「生命や幸福がいつまでも続くように」という願いが込められています。

そんな素敵な想いが込められたリースを、自分の手で、また、世界に一つだけのリース作りとだけあって、

工作会当日は、午前午後合わせて3部行ったのですが、そのほとんどが満員となりました!

お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

 

さて、どのようにリースを作ったのかというと、

(1)茶色か白色のリースをどちらかを選ぶ。
(2)選んだリースに好きな色のモールを巻き付ける。
(3)グルーガンを使ってリースに飾りつけを行う。

簡単に説明させていただくとこの様な流れでした。

 

飾りつけには、リボン、ベル、塗装された松ぼっくりなど、様々な装飾品が用意されていて、始めにある程度子どもたちに配っていきます。

ある程度配り終えたら山内先生から「飾りはおかわりしてもいいよ、でも持ってるのを全部使ってからね。学校の給食もそうだよね」

と学校での例を挙げて子どもたちにもわかりやすく説明がありました。

 

子どもたちは言われたルールをしっかり守って、飾りのおかわりはちゃんと全部使いきってから来てくれました。えらい!(^^)!

お父さんお母さんや、先生もお手伝いしながら、どの飾りをどこに付けるかを考え、グルーガンを上手に使って、

十人十色な素晴らしいリースがたくさん生まれました。出来上がった子どもの表情を見ると、みんな大満足してたように見えました(*^▽^*)

最後に山内先生からは、「こういった成功体験が子どもたちに必要なことです。いろいろな成功体験を経験させてあげましょう!」

と締めのお言葉を頂きました。

サポートさせていただいた私たち職員もとても楽しく参加できました。またこのような会を開催したいと思っておりますので、

その時は是非またご参加いただければと思います。今回はどうもありがとうございました!