MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】流行り病気対策!

【はぴねす東和田】流行り病気対策!

2019.01.16 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の浅妻です。

以前の活動記録にも書きましたが、はぴねす東和田のお子様の中にもインフルエンザに感染してしまったお子様がいたり、熱風邪にかかったり、学校のクラスが学級閉鎖だったり…という様子が出始めました。
困ったことに、寒くなるとウィルスが活発になるんですよね。

今回はそんなインフルエンザについてのお話と、はぴねす東和田での感染予防対策をお伝えします。

インフルエンザは症状として、普通の風邪のような喉の痛み、鼻水、咳などの症状もみられますが、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛・筋肉痛、全身のだるさ(倦怠感)などが比較的急速に同時に現れる特徴があります。
また、小児ではまれに急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している人では肺炎を伴うなど、重症になることがあるそうですよ。

どのように感染してしまうのかと言いますと…

  • 飛沫感染……感染している人の咳・くしゃみにより発生した飛沫を吸い込む
  • 接触感染……感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触る

などが主なようです。少し意識するだけで予防できそうですよね!

予防法としては、

  • 普段から健康管理をし、十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておきましょう。
  • 人が多く集まる場所から帰ってきたときには手洗いを心がけましょう。
  • アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。
  • 咳エチケットを行いましょう。(咳をする時は人から顔をそむける、咳をする時は鼻と口をティッシュなどで押さえる等々)
  •  外出時にはマスクを着用
  •  室内では加湿器などを使用して適度な湿度

 

先日私が見たテレビ番組では、キノコの特集をしていて、免疫力アップができインフルエンザ予防にが効果的なのはキノコに含まれる「αグルカン」という成分だとやっていましたよ。

「αグルカン」は体内に入ると免疫細胞の働きを活性化してくれるため、免疫力がアップ!ウイルスや細菌を撃退してくれます。

キノコの中で一番「αグルカン」が多いのは・・・舞茸!

そんな舞茸とゴボウの組み合わせが良いそうです。ゴボウに含まれる「イヌリン」という成分が免疫細胞の働きをより活性化してくれます。
ぜひ各ご家庭で試してみてください。

さて、はぴねす東和田では、
●玄関入ってすぐのところに手の消毒液を設置
●来所後とおやつ前の手洗い・うがい・手消毒の徹底
●換気(運動後、お子様の帰宅後、スタッフの掃除時)
を行っています。

少しの心掛けで大きな違いが出ると思いますので、お子様が楽しく元気に通えるよう、気を付けていきたいと思います。