MENU TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】進級、進学に当たって

【はぴねす東和田】進級、進学に当たって

2019.02.08 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の西澤です。

2月に入り大流行していたインフルエンザも大分下火になって来ましたね。

引き続はぴねす東和田では、加湿器、クレベリンの設置とお子様達の紅茶うがいを継続させていただきます。

 

 

最近のはぴねす東和田では、低学年のお子様を中心に、個別に学習課題のプリント等を実施させていただいております。

 

小学校1年生が終わるに当たってまだ平仮名50音が不安なお子様や筆圧が足りなくて書い文字が歪んでしまうといった状態のお子様の宿題を見せて頂いたときに、もう少し違ったやり方だったらできるようになるかもしれない、まだ、鉛筆を使って文字を書く段階ではない中で小学生になったことによって鉛筆を持っていると言うお子様も見られます。

 

支援級に通われていると、学年にバラツキがあるので、中々先生方の目が行き届いていなかったと言う場合もあるようです。

 

 

その様な中でも50音と100までの数はしっかりと読み書きができて欲しいなと感じたので、お子様の発達状況に合わせた療育プリントを空き時間にやってもらっています。

特別なプリントをもらえると言う楽しみとご褒美のシールがもらえると言う所から、今のところは嫌がるお子様が現れることなく、楽しいお勉強といった形で皆様意欲的に取り組まれております。

 

 

嫌にならないコツとしては、鉛筆書きだどまだ難しいお子様にはカラフルな水性ペンを使って好きな色を選んで学習したり、好きな物やキャラクターを活用して進る事で、お勉強っぽくなりすぎないので集中力が続きます。

 

 

少し大変でも小学校低学年のうちに文字の勉強を完了させておくことは、とても大切で高学年以上になってから慌ててそう言えば読めていなかった書く文字の形が怪しいと思って学習を始めても習得までにかかる時間はかなりかかるな、と私は毎度感じています。

 

 

お時間がある時は、しっかりと宿題を見てあげて課題があったら修正をしてあげてください。

こちらにも情報を共有していただければ、同時進行でお手伝いさせていただける部分はお手伝いさせていただきます。

進学に向けて学習の課題を少しでも解消していけるといいですね。