MENU TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねす東和田】お子様の姿

【はぴねす東和田】お子様の姿

2019.03.12 | Category:

いつもありがとうございます。

はぴねす東和田の浅妻です。

今週の運動の時間には、1列に並んでボールを足の間から後ろに送っていき、最後までいったら反対を向き頭の上からボールを前に戻す【ボール渡し】と、
2人1組になって背中でボールを挟んで運ぶ【ボール運び】を行います。

体を柔軟に動かすことや、友達と気持ちを合わせたり背中の感覚を感じたりすることをねらいとし、大切に活動を進めています。
運動の様子はまたお伝えしますね♪

本日は日々のお子様の姿をご紹介します。

 

●普段少し落ち着きがない姿が見られる男の子2人。ですが、2人とも折り紙が好きという一面も持っているんです。
前回の活動記録にも書きましたが、そんな2人が手巻き寿司の活動の時に切ったお刺身や野菜をお皿に盛り付けてくれました。

はじめに「盛り付け係さんは、みんなが美味しそうと思うような盛り付けをお願いします」と声を掛けました。
ぐしゃぐしゃとなってしまわなければ良いかなくらいに思っていたのですが、「美味しそうに見えるように♪」と言い、
「これはここ」「こうやって置くのはどぉ?」「こうしようよ!」などと2人で相談しながら楽しそうに盛り付けていました。
そして、写真にあるような綺麗な盛り付けをしてくれたのです。
ちょっぴり落ち着きがない2人が、友達のことを思いながら落ち着いて活動に取り組んでいたことがとても嬉しく思いました。

帰りの会の時の、今日の楽しかったこと・嬉しかったことの発表では
「盛り付けをみんなが喜んでくれて良かったです」
と言っていましたよ。

 

●活動毎の切り替えがなかなか難しい男の子。
活動と活動の少しの間で動き出してしまう姿がありました。
そこで、スタッフはいろいろと考えてみて、動き出してしまう前にすべきことを伝えてみよう!ということになりました。
やってみると…椅子に座ることも、床に座って話を聞くことも、活動の参加もすべて普段よりも他のお子様と一緒にできる部分が多くなったのです。
そして、帰りの会の楽しかったこと・嬉しかったの発表では、運動の時の話をしてくれました!

ほんの少しの工夫で大きな違いが出るんだなと改めて学びました。

●普段帰りの会の楽しかったこと・嬉しかったことなどの発表をする時に、「何もな~い」「忘れた~」なんて言っているお子様。
手巻き寿司作りの活動は数日前から大好きなネギトロを食べたいと楽しみにしていました。
そして、この日の帰りの会では発表をしたいと自ら手を挙げて「ネギトロとぉ、マグロとぉ、サーモン入れて美味しかった!好きなのばっかり入れた!」と
ニコニコ嬉しそうな顔で発表してくれました。

このお子様の楽しい・嬉しい思い出がまた1つ増えて嬉しく思いました。