MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 呼吸法

呼吸法

2020.10.27 | Category:

いつも閲覧ありがとうございます。

はぴねす東和田南場です。

11月8日にはぴねす東和田にて親子ヨガ教室を開催いたします。

講師は飯綱高原森のヨガスタジオ PLAVA オーナーの山口有佐先生をお招きいたします。

そこで今週からヨガに興味を持ってもらうための入り口として、運動前に呼吸法について学んでもらっています。

呼吸とひとえに言っても腹式呼吸、胸式呼吸とあります。

「腹式呼吸」は腹を出したり引っ込めたりすることにより横隔膜を上下させる呼吸法です。
「胸式呼吸」は肋骨を広げたり閉じたりする呼吸法です。

「腹式呼吸」の基本は「吸う時は鼻で」「吐く時は口で」となりますが、「鼻で吸い、鼻で吐く」でもいいです。

一般的に女性は「胸式呼吸」が多く、男性は「腹式呼吸が」多いと言われ、「腹式呼吸」の方が精神安定、血圧上昇抑制、脳の活性化の効果が高いのです。

実際の呼吸においては、「吐くことを先に」行います。それは、身体に必要な酸素をしっかりと取り入れるためには、二酸化炭素を出し切る必要があるからです。
胸式呼吸ではこれが十分になされません。

なので腹式呼吸では「ゆっくりと吐くこと」を重要視しています。

口のみで行う呼吸法を「口呼吸」と言い、現代人に増えていますが、精神不安定、判断力低下につながると言われています。

なので如何に「腹式呼吸」で呼吸を行うことが大切になっているかお判りいただけたのではないかと思います。

しかし、子ども達は鼻詰まりがあったりするせいか楽な口呼吸になってしまうなどなかなか「腹式呼吸」を行うのが難しいお子様もいらっしゃいます。

そのため今週は呼吸法について取り組み、「腹式呼吸」をマスターしイライラしたときなどに自分自身で落ち着くための方法を身につけてもらえればと考えています。

またお家でも呼吸法についてお話して頂き、子どもだけでなく保護者の皆様にも「腹式呼吸」を行う習慣づけをして頂ければと思います。