MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねすジョブ若槻】AC長野パルセイロ試合運営ボランティア活動

【はぴねすジョブ若槻】AC長野パルセイロ試合運営ボランティア活動

2021.06.21 | Category:

いつもありがとうございます。はぴねすジョブ若槻です。

本日は6月20日に長野Uスタジアムで開催された、

AC長野パルセイロ対カターレ富山戦の試合前ボランティア活動をご紹介したいと思います。

 

 

今回は入場する際の荷物チェックとチラシ配りを児童3人と職員3人で行ないました。

会場に着くと「でっか!ここで試合するの?」と興奮しながら待機室へ。

初めての体験で少し緊張もありましたが「何やるの?」と活動することは前向きでした。

 

 

会場スタッフさんの説明を聞き、分からないところや場所の質問もすることが出来ていました。

それぞれの場所に分かれて11時45分から、ボランティアがスタート!荷物チェックでは

「荷物チェックをします。ビンやカンは入ってませんか?ありがとうございます。」としっかり言えており、

抽選券入りのチラシ配りでは「抽選やってます!」と元気に言いながら渡すことが出来ていました。

抽選券入りのチラシが終わり、普通のチラシになった後も「楽しんでください!」「ありがとうございます!」と

一人一人に挨拶をしながら配ることが出来ており、

同じ場所のスタッフさんから「しっかり挨拶出来てすごいね!」と褒められました!

職員は1人ずつ児童に付き添いましたが、

職員の手を借りることはほとんどありませんでした。

休憩も取りつつ13時45分までのの2時間、最後まで集中を切らさずにやりきることが出来ました。

終了後には「あんなにたくさんの人がいるんだね。」と言っていました。

1回の試合のために沢山の人たちが協力していることを実感していました。

 

 

ボランティア活動後は試合を観戦しました!

試合を見るのは初めの児童もおり、選手のアップする姿を見たり、

試合前のパフォーマンスを見て児童たちも盛り上がってました。

試合が始まり、長野パルセイロが2点入れるのを見ることが出来ました!

1点シュートが決まったときにサッカーにそれほど興味がないと言っていた児童も入った瞬間立ち上がって喜んでました。

「スポーツが好きな人の気持ちが分かった!」と大興奮。

AC長野パルセイロのサポーターの人たちの演奏や手拍子もノリノリで叩いていました。

プロの試合を近くで観れる貴重な体験になりました。