MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねすジョブ若槻】松代へサイクリングにいきました🚴

【はぴねすジョブ若槻】松代へサイクリングにいきました🚴

2021.08.15 | Category:

いつもありがとうございます。はぴねすジョブ若槻です。

 

今回は8月9日に行った松代サイクリングを紹介させていただきます。

 

当日は出発時は快晴でした☀

 

持ち物を確認して松代へは車で向かいました。松代観光協会さんで自転車をお借りしていざ出発🚲
松代に詳しい職員を先頭に一列で行きました。自転車に乗るのは久しぶりと言う児童もいましたが、

きちんと乗ることが出来ていました。
まずは旧松代駅へ向かいました。ここでは昼食を取りました。

それぞれ持ってきたお弁当を食べながらみんなで団欒をしました🍱

 

 

続いて向かったのは松代城跡です。

頂上に登ると当時の絵巻に書かれていた千曲川の様子を知ることが出来ました。
所々に看板が置いてあり松代城がどのようなものだったのかを知ることが出来ました。
門の高さや作りを見て敵に攻められた時の対策やどのように攻撃をしていたのかも復刻した門から見ることが出来ました。

 

 

 

続いて向かったのは松代文武学校です。松代藩八代藩主・幸貫が水戸の弘道館にならって計画し、

九代・幸教の時代に完成した松代藩の藩校です。

 

学校内には柔術所、弓術所、剣術所、槍術所、文学所とあり、

現在でも大会や練習場として使われたり、映画撮影のロケ地ともなっています。

 

天井を見ると当時の松代藩の看板が飾られていました。

 

実際に弓術所では、弓道を練習していた方々がいらっしゃったので見学させてもらいました。

とても静かで緊張感のある空気の中で静かに見学することが出来ました。

 

柔術所では火縄銃とスペンサー銃を撃てるバーチャルゲームがあり、

全員、的に当てようと真剣に取り組んでいました!

銃は実際の重さと形を再現してあり、銃の重さと的の定め方が難しく、

ゲームなのでポインターが銃から出ていましたが、

当時の人たちはポインターも無いのにどのように当てていたのかを皆で考えたりしていました!

昔の人たちの動体視力はどれほどのものだったのでしょうか…?!
 

 

 

最後は象山地下壕に行きました。

 

ここも自転車で…だったのですが、朝は快晴だったのに松代文武学校の際中に急に雨が降ってきてしまいサイクリングはここで終了😭

一旦自転車を返してから車で向かいました。

 

象山地下壕は、第二次世界大戦の末期、軍部が本土決戦の最後の拠点として、極秘のうちに、大本営、政府各省等をこの地に移すという計画のもとに、

昭和19年11月11日から翌20年8月15日の終戦の日まで、およそ9箇月の間に建設されたものです。

案内所で当時の説明をしていただいた後、洞窟内へ行きました。

中はとても涼しく、当時のダイナマイトで着いた傷や、文字がありました。洞窟探検を楽しみつつ、当時の過酷な労働や戦争当時のことを知ることが出来ました。

 

サイクリングも楽しみつつ松代の歴史を五感で勉強することができました。
今後も実際に歴史の舞台となったところへ赴き、勉強していきたいと思います🌟