MENU TEL TEL TEL

Blog記事一覧 > > 【はぴねすスタディ若槻】キャッチボール&戸隠チビッ子忍者村

【はぴねすスタディ若槻】キャッチボール&戸隠チビッ子忍者村

2020.09.24 | Category:

いつも閲覧いただきありがとうございます。
はぴねすスタディ若槻の南場です。

 

皆さまにおかれましては4連休如何お過ごしでしたでしょうか?

 

はぴねすスタディ若槻では21日月曜日の活動として公園でのキャッチボールを計画しました。

 

利用者が野球が好きだったので元野球部員の職員2名と一緒にお出かけしました。

 

当初は城山公園に行く予定を立てていましたが4連休ということもあり城山公園は人出がいつもよりも多く、駐車場に入ることも叶わずでした。

 

そのため、急遽他のキャッチボールやフリーバッティングが出来そうな公園に移動することになり、やってきたのは和田公園。

 

芝生のグラウンドにはテニスのサーブ練習をしている子や親子で遊んでいる家族のみで、キャッチボールやフリーバッティングするにはもってこいの環境でした。

 

ボールやバットは100均の子供用バットや柔らかいボールを用意しました。それとは別に利用のお子様が家から持参したグローブと軟式ボールもあったので、キャッチボールはそちらを使い、フリーバッティングは柔らくてあまり飛ばないボールを使用し周りの方へもしっかりと安全配慮させていただきました。

 

まずはキャッチボールからスタートです。

 

肩慣らしから始め徐々に距離が長くなり子どもも腕を強く振り距離に合わせた力加減で投げていました。

 

キャッチボールを30分ほどこなした後でフリーバッティング。

 

利用の子は右でも左でも打てるいわゆるスイッチヒッターだったので、左右の打席に立っていました。空振りもありましたが芯に当たると外野にいた職員も取れない打球が飛んでいきました。

 

1時間ちょっとでしたが、久し振りに身体をたくさん動かすことができ、「楽しかった」と嬉しい感想も聞けました。

 

でも、疲れたか尋ねると「全然」と返事があり10代っていいなぁーと思った次第です。

 

 

22日(火)は戸隠チビッ子忍者村に行ってきました。

 

こちらも県外ナンバーの車がいたりと予想以上の人出がありました。

 

着くとすぐに「忍者の服着るんだ」と元気に宣言。

 

持ってきてもらったお金には限りがあり『他の施設が利用できなくなるけどいいの?』と確認しましたが「いいよ。これ着たいから」と忍者の格好をしたい気持ちが上回っていました。

 

お昼を先に食べてからいよいよ修行のスタート。

 

どんどん進んでいき上級コースも難なくクリアしていました。

 

途中「修行はもう嫌だ」と言う場面もありましたが、そこでめげずに水蜘蛛の術やターザンロープのようなコースは頑張って挑んでいました。

 

全部の修行コースを終えると「もう終わりかー」と名残惜しそうにしていましたが、楽しかったか聞くと「うん。楽しかった」と次回また来るのをとても楽しみにしていました。

 

身体を動かすことでリフレッシュしたり、全身運動で普段教室内ではあまり高められない運動能力などを高めたりと、楽しさと実益を兼ねた良い活動になりました。