MENU TEL TEL TEL

はぴねすスタディ若槻について

はぴねすスタディ若槻の想い

『学ぶ楽しさを体感し、自ら考え行動できる力を身につける』
学習に課題を持つ児童が、自身の課題を理解し、素直に向き合える精神を養い、学ぶことの大切さ、追求、研究をする楽しさを体感し、未来ある子どもたちの人生を輝かせる。また、社会生活を送る上で必要なスキルを身に着けられるようそれぞれの課題を知り、個々の課題に沿った必要なスキルの習得を目指す。

はぴねすスタディ若槻とは

放課後等デイサービス はぴねすジョブ若槻では、子どもたち自身が自立した生活を
送ることができるよう支援を行っていきます。

わたしたちが目指すもの

私たちは子どもたちの特性を活かしつつ、得意・不得意な部分をともに考え、「自分でできた!」という達成感を自信につなげ、少しずつ「意欲」や「力」を伸ばしていきます。将来自立して生活できる力を身につけていきます。

こんなお悩みや障碍をお持ちの方を待っています!

学習の遅れに不安をお持ちの方

お子様の学習に対しての遅れや周りのお子様との違いに不安をお持ちの方
お子様が学習に対しての抵抗感や不安をお持ちの方

学校での生活や学習への課題をお持ちの方

学校での学習についていけていない
遅れを感じている方
学校での生活に対しての不安を感じている方

集中力や持続性に課題をお持ちのお子様

勉強に集中できない
持続的に作業や学習を行うことに課題をお持ちの方


プログラムについて

学校授業終了後又は長期休業日において小集団および個別プログラムによる将来の就労・就職に必要な訓練、実習を行い社会人としての総合力を身に付けます。

【多様なメニューを設け、
本人の希望を踏まえたサービスをご提供】

  • 1.自立した日常生活を送る為の訓練
  • 2.工作・作業訓練
  • 3.「グループワーク」を活用したコミュニケーション能力の向上
  • 4.就労に向けての実習体験
  • 5.長期休みの施設外研修
  • 6.余暇の提供
はぴねすジョブ若槻のメニューのご紹介

【ソーシャルスキルトレーニング】

日常生活を送る上で必要なスキルである「S-M社会能力検査」の項目を習得できるようあらゆる経験と習慣を習得するための支援を行います。
※「S-M社会能力検査」とは、具体的な生活における知的な働きや技能を測定社会生活能力を的確にとらえます。領域別に社会生活年齢(SA)と社会生活指数(SQ)が算出され、SAプロフィールを描くことで子どもの特徴がわかり、適切な指導が行えます。社会生活能力の測定領域は以下の通りです。

  • 1.身辺自立
  • 2.移動
  • 3.作業
  • 4.意志交換
  • 5.集団参加
  • 6.自己統制

はぴねすスタディ若槻の先生のご紹介

マネージャー 栗原 愛美

コメント:お子様が自分らしく輝けるように全力でサポートさせていただきます!よろしくお願いいたします。

管理者兼児童発達支援管理責任者 堀内 健次

コメント:子どもたちの日々の成長に向けて誠心誠意努力してまいります!いつでも相談してください。宜しくお願いします。

保育士 半田 理子

コメント:一人ひとりの個性を認めながら、お子さまたちと一緒に成長していきたいと思っています。よろしくお願いします。

はぴねすスタディ若槻1日の流れ