MENU TEL TEL TEL

はぴねすジョブ若槻

はぴねすジョブ若槻について

はぴねすジョブ若槻とは

放課後等デイサービス はぴねすジョブ若槻では、子どもたち自身が自立した生活を送ることができるよう支援を行っていきます。

わたしたちが目指すもの

私たちは子どもたちの特性を活かしつつ、得意・不得意な部分をともに考え、「自分でできた!」という達成感を自信につなげ、少しずつ「意欲」や「力」を伸ばしていきます。将来自立して生活できる力を身につけていきます。

経験豊かな指導員

保育士(4名)幼稚園教諭第二種(3名)ピアヘルパー(1名)児童発達支援管理責任者(1名)介護福祉士(1名)サービス管理責任者(生活介護・就労・地域)(1名)相談支援専門員初任者研修修了(2名)社会福祉主事任用資格(1名)

就労準備型とは?

「お子様がこのままで就職できるのか?」「就職できても続ける事はできるのか?」「生活していける収入を得られるのか?」などの保護者様の不安に応えるために、実際に就職活動に取り組み始める中高生を対象として就労の準備を意識したプログラムを提供するサービスです。もちろん小学生の高学年も利用可能です。就労した後も定着して働き続け、地域で生活し続けられる力を付けられるようなプログラムになっています。

プログラムについて

学校授業終了後又は長期休業日において小集団および個別プログラムによる将来の就労・就職に必要な訓練、実習を行い社会人としての総合力を身に付けます。

【多様なメニューを設け、
本人の希望を踏まえたサービスをご提供】

  • 1.自立した日常生活を送る為の訓練
  • 2.工作・作業訓練
  • 3.「グループワーク」を活用したコミュニケーション能力の向上
  • 4.就労に向けての実習体験
  • 5.長期休みの施設外研修
  • 6.余暇の提供

私たちについて

私たちの理念

子どもたちの明るい未来を創る

はぴねすジョブ若槻の方針

子どもたちの特性を活かしつつ、得意・不得意な部分を共に考え「自分でできた!」という達成感を自信につなげ少しづつ「意欲」や「力」を伸ばしていきます。

日々の積み重ねからお子さまの将来を見据え、児童期に大きく伸びる「芽」を育てていきたいと考えます。
なかなか経験できない事業体験や地域交流等を通して「人とのつながり」の大切さも知り、ゆくゆくは「自分で電車に乗れるようになれた」「こんなことができるようになった」という目的達成につなげていきます。

はぴねすジョブ若槻の先生のご紹介

管理者・児童発達支援管理者
「高橋直貴」
皆さんの「こうなりたい!」「あれがしたい!」の声をたくさん聞いていきます。
ひとりひとりの個性に寄り添い、得意なこと苦手なことを一緒に考えていきます。
自分らしく生き、働く「未来」を共に創りましょう!

保育士(3名)幼稚園教諭第二種(2名)ピアヘルパー(1名)児童発達支援管理責任者(1名)介護福祉士(1名)サービス管理責任者(生活介護・就労・地域)(1名)相談支援専門員初任者研修修了(2名)社会福祉主事任用資格(2名)

はぴねすジョブ若槻のメニューのご紹介

【ソーシャルスキルトレーニング】

日常生活を送る上で必要なスキルである「S-M社会能力検査」の項目を習得できるようあらゆる経験と習慣を習得するための支援を行います。
※「S-M社会能力検査」とは、具体的な生活における知的な働きや技能を測定社会生活能力を的確にとらえます。領域別に社会生活年齢(SA)と社会生活指数(SQ)が算出され、SAプロフィールを描くことで子どもの特徴がわかり、適切な指導が行えます。社会生活能力の測定領域は以下の通りです。

  • 1.身辺自立
  • 2.移動
  • 3.作業
  • 4.意志交換
  • 5.集団参加
  • 6.自己統制

【パソコンスキル・ビジネスマナー】

はぴねすジョブ若槻では、パソコンに触れるところからはじめ、タイピング練習などを徐々に興味が持てるようにサポートします。ビジネスマナーでは将来社会人として必要なマナーや言葉遣い、身だしなみ、公共交通機関や金銭に関わるような等、社会生活を営む上で必要な基本的なことからゆっくりと学んでいきます。

【課外活動】

「自分の住んでいる街にどんなものがあるんだろう?」と話し合い、お子さまたちと出かけたり、地域とのつながりの一環として「イベントへの参加」や企業見学等を行いながら経験を積み重ねていきます。